紅茶の先生になりたい!~紅茶教室講師記録~

Cha Tea紅茶教室専属講師が綴る、紅茶日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞き上手 講師と生徒様の連帯感が素敵な時間を生み出す

2012'04.30 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

アシスタントをしていたある日のレッスン。ふと講師の話を聞く生徒様の姿勢に目が行きました。適度な相づちを打ちながら、時には話に加わるのですが主張しすぎず、講師の目を見ながら、微笑んで話を聞く姿が見ていてとても気持ちが良かったです。

そんな日は、レッスン全体の雰囲気もいつも以上に和やかで、心地よく。少人数制だからこそ、講師と生徒様の連帯感がより素敵な時間を生み出すんだなと感激しました。

会話を楽しむためには、会話を盛り上げる「提案力」だけでなく、「聞き上手」になるということも大切だなと最近思います。

そして、聞き役に徹する時に大切なのが でも」「だって など、否定的な言葉を使って、話を止めないこと。

20120427_01.jpg

Cha Teaの中でも、聞き上手なたまえ先生は、どんな話でも、うんうんと相づちを打ちながら、ネガティブな発言をした時には、ポジティブな言葉に置き換えて、速やかにフォローをしてくれます。おかしいなと思うことでも、とりあえず、最後まで話を聞いてから、冷静に意見を言ってくれる。Cha Tea の講師やアシスタントのなかでも、1番のポジティブシンキングな存在だと思います。

たまえ先生と話していると、失敗し落ち込んでいる時など、「また、がんばろう!」という元気を与えてくれます。

私が素敵だな~☆と思う女性はみんな「聞き上手」、そして「提案上手」。できることから、気付いたことから真似をしていきたいなと思います。


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←聞き上手、いいねと思われた方はポチッとお願いします!


By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室
スポンサーサイト

講座の企画提案 探求心を常に持つこと

2012'04.29 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

Cha Tea 紅茶教室の上級者クラスにあたる「マスタークラス」では毎月2本の新しい講座が開催されます 生徒として通っている頃は、毎月新しい講座があるのはとても魅力的でした

スケジュールが更新される時には、次にはどんな講座が開催されるのだろう!と、ドキドキしながらパソコンの前で待っていたのを覚えています。生徒として受講している時は、ただただレッスンを受けるのが楽しかったです。

しかし、講師になると教えてもらう立場から教える立場へと一変。今度は自ら講座を「企画」「構成」する立場に。

毎月講師とスタッフとともに、企画を10本くらいあげその中から採用されるのが2本。講座の内容は「産地」「文化」「陶磁器」「歴史」などのように、系統が偏らないことも重視されています。

浅い知識だけではなく、より知識を深めていくことにより、オリジナルの講座が生まれ、講座内容が偏らないからこそ、毎月通っている生徒さんは幅広い知識を身につけることができます。
もちろん、まだまだ知識不足の私にとっても、講座の企画に関わることは、苦手な分野の学びを深めるいい機会にもなっています。

20120427_02.jpg

教えてもらう立場でも、教える立場でも大切なのは「探究心」を持ち続けること。これがあるからこそ、常に紅茶への情熱を持ち続け楽しく学べるのです。

紅茶の講師になって5年。
私の企画したマスタークラスが採用されたのは、過去10本弱。そして最後まで1人でレジメを完成させられたことは正直に言うと、まだありません 企画は採用されても、悔しいのですが、内容の掘り下げや、構成力が Cha Tea 教室の望むレベル達せず、途中で時間切れ、ギブアップになってしまうのです。

それでもどんどん企画して、提案しないと始まらない。最近、企画については「良い視点じゃない 」と誉められることも増えてきました。今は一部のみの担当ですが、いずれは「私のレジメ」と呼べる1本を完成させたい。

そのためには、探求心を持って、そして構成力や文章力も磨かなくては!ちなみに5月前半の「ビートン夫人の家政本」、企画提案は私です♪ 5月6日からスタート、お菓子作りも担当します。どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←「探求心」は大切!と思われた方はポチッとお願いします!


By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

レッスンを支える豊富な資料

2012'04.28 (Sat)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

Cha Tea 紅茶教室のレッスンで最も人気があるのが、初級・中級を終えられた方が進学するマスタークラス。すでに150もの講座数があります。

生徒様の中には、「いつも新しい講座が出て楽しみ♪」と、スケジュールが出る日は、パソコンの前で待ち構えている!なんて方もいるくらい。

はじめて入会される生徒様の中にも「マスタークラスをが受けたくて」とすでに、上のクラスの受講を楽しみにいらしてくださる方もいます。

ずっとブログを見て下さっていて、5年越しで通うことができました!と言う生徒様も。嬉しいお言葉です  通えなかった間も、毎日ブログを見ながら、紅茶への熱意を温めていて下さったこと・・・本当に嬉しい。

私も自分が生徒としてCha Tea 紅茶教室に入会した頃は、初級・中級でのんびり楽しめればいいや・・・なんて思っていましたが、受講するたび紅茶の世界に魅了され、マスタークラスへの関心も一気に高まり、時には1日に2コマ受講したりしながら!3ヶ月ほどでマスタークラスに進学しました。
初マスタークラスの日は、ドキドキしたことを覚えています。

20120425_01.jpg

マスタークラスの魅力は、広く浅くではなく、狭く深く、1つの物事を掘り下げて学ぶことが出来ること。その学びを深くしているのが、「現地の写真」「アンティークの紅茶グッズ」などを代表する豊富な資料。この資料の多さは、他の教室に類を見ない量ではないかと思います。

年間4回~5回海外研修へ行かれる主宰の碧先生が撮った写真は、自分が旅行へ行かずとも行ったような気分を味わえるほどの枚数。

その他にも海外で見つけた古い資料、そして、他の教室の先生や、紅茶関係のお仕事に就かれている方も驚かれるほどの、マニアックな紅茶グッズ 紅茶の本にも載っていないような古い資料を直に見られるのは、とても貴重な体験です。

そしてそれらをガラス越しに見るだけでなく、実際に口をつけたり、手で持ったり、間近で写真を撮ったりできることも、Cha Tea 紅茶教室に長く生徒様が通って下さる理由の1つではないかと思います。

来月のマスタークラス「ビートン夫人の家政本」こちらでも貴重な資料をたくさんお見せできる予定。楽しみにして頂ければ嬉しいです。



にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←なかなか奥深い世界なのね!と思われた方はポチッとお願いします!


By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

レッスンの充実に欠かせないアシスタント

2012'04.27 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

自宅でひとりでレッスンをしている時は、テイスティングを作ったり下げたり、お湯を沸かしたり、実習道具を下げたり、ティーカップを出したり、ケーキを出したり・・・。レッスン中、どうしても席を立つことが必須でした。

ですので、Cha Tea 紅茶教室でレッスンを担当するようになり、全てのレッスンに「アシスタント」がいると知った時は、「これでレッスンに集中できる!」なんて単純に嬉しく思いました。

しかし、しかし・・・そのアシスタントを上手く使いこなせないと・・・あれれ、何だか上手く回らない?!レッスンの進行には、アシスタントと講師の連携がとても大切になります。アシスタントと良い連携が行えれば、より充実した、より無駄のないレッスン時間を生徒さんに提供できます。

036.jpg

反対に事前の打ち合わせがままならないと、レッスンがうまく回らないこともあります 自分より先輩のスタッフがアシスタントをしてくれる時は、甘えしてしまうこともありますが、後輩がアシスタントに入る際には、的確な指示を出しも必要になります。

生徒さんの人数が増えれば増えるほど、決められた時間の中でより密度の濃いレッスンをと思うと、アシスタントの必要性が出てきますし、講師の仕事にアシスタントとの連携が加わるのです。

そう言う意味では Cha Tea 紅茶教室 のレッスンは、初級クラスは最大でも5名定員なので、講師1人で切り盛りできる人数です。しかしそこにアシスタントが加わることで、より充実したレッスンの提供が実現しており、客観的に見ても贅沢だなと思います。

現在ご自宅でレッスンをされている先生も、外部レッスンなどではアシスタントの必要性を感じるかも知れません。同じ分野に興味を持つ紅茶仲間と助け合って、より良いレッスンが提供できるようにお互い頑張りましょう♪


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←仲間との連携は大切!と思われた方はポチッとお願いします!


By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

紅茶の知識だけではダメ 「講師力」を磨こう

2012'04.26 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

今日から Cha Tea 紅茶教室のプロフェッショナルクラスが開校。こちらのクラスは紅茶の知識を学ぶクラスではなく今まで学んできたことをアウトプットする土台を作るクラス。

・講師力とは
・集客の仕方
・教室のシステム作り
・カリキュラム、レジメの作り方

などなど。主宰の碧先生が構築した様々な教室運営のノウハウを伝授するクラスです。生徒さんは碧先生の生の体験談を自分に活かそうといつも真剣です。私も5年前にこのクラスを受講し、自宅教室の開講、そしてCha Tea 紅茶教室での講師の道が開けました。

初回の本日は、基礎知識のテストの後、「講師力」についてのディスカッションがあります。講師にとって、教える分野の知識があることは当たり前。それだけではお教室はできないんですよね。他の紅茶教室で長く勉強された後、

教室を開きたいけれど、結局どうしたら良いか分からずそのままになってしまい、紅茶そのものの知識力も落ちてしまった

という理由から、プロフェッショナルクラス受講を目的に、Cha Tea 紅茶教室に入校した生徒様もたくさんいます。

20120425_03.jpg

紅茶の知識でさえまだままならない私ですが、それだけでなく、講師には「観察力」「判断力」も必要とされることを最近痛感しています。これがないと気配りができないんですよね。

また、新しい講座を組み立てるには「企画力」「構成力」も必要。私はこの分野がとても弱く、なかなか成長しません。マスタークラスのレジメを1人で企画、構成することができることを目標に頑張っています。教えることができても、ここが確立しないと独り立ちはできません。

お教室開校はあくまでもスタートです。私も5年前にスタートし、まだまだ勉強中。いつ始めても、勉強するのは一緒なのです、迷っている方は少しでも早くスタートラインに立ってみるのもおすすめです。やらないと分からないことがたくさんあります。

一緒に頑張りましょう。


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←講師には知識以外も大切!と思われた方はポチッとお願いします!


By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

経験値を積んでレッスンを楽しもう!

2012'04.25 (Wed)

アドバンスド「紅茶とスパイス」のレッスン。この日のお天気は、曇り空で雨が降りそうな感じで、久しぶりに暖房を付けました。と思っていたら・・・今日はビックリするほどの暑さ 皆さん半袖で歩かれていて、日々日々の気温の変化に体調管理もしっかりしないと・・・と気を引き締めています。

寒い日だけでなく、これからの冷房対策にも、保温作用のあるスパイスはお勧め。私は特にジンジャーたっぷりのミルクティーが大好きです。おいしく体を温めてくれるのでお勧めです♪

この日は2回連続でスパイスのレッスンでしたが、どちらも楽しい時間でした。
教えたての頃は、心臓が口から出てしまうのではないかと思うほど緊張し、何を話しているのか自分でもわからなくなることも ありましたが、今は自分自身も余裕を持ってレッスンを楽しんでいます。

20120423_01.jpg

経験を重ねて慣れてきたのだと思います。自宅でレッスンをしていた頃は、生徒数も少なかったため、レッスン内容を見直しても、次に同じレッスンをするまで数ヶ月間が開いてしまうこともありました  ですので、いつも初めてのように緊張。

Cha Tea 紅茶教室でレッスンを担当するようになり、回数をこなすことで、気付けば緊張も取れました

現在は年間で400講座を受け持っているのですが 私はフルタイム勤務なので、プラス500レッスン近くはアシスタントをしています。トータル900レッスン、すごい数ですよね。グングン経験値が伸びているのを実感しています。

たくさんあるレッスンの中でも大好きなのが、ベーシッククラス「ロイヤルミルクティー」、アドパンスド「紅茶とミルク」のレッスン。飲めなかった牛乳 が紅茶を通して飲めるようになったため、その喜びを伝えたいとついつい饒舌になってしまいます♪

なかなかレッスンの機会に恵まれない方は、ボランティアレッスンでも、お友達への普及でも、とにかく話す場を多く持つことが成長への近道だと思います。お互い頑張りましょう。


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←大切なのは経験値!と思われた方はポチッとお願いします!


By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室


わかりやすい言葉で教えること

2012'04.24 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

ある日のマスタークラス「紅茶占い」講師は主宰の碧先生です。

碧先生のレッスンは、いつ聞いても人を惹きつける魅力のあるお話です。私は今回はアシスタント業でしたが、アシスタントに回っている時も、耳をダンボにして聞いていました。

看護師をしていた碧先生の話は、誰にでも分かりやすい言葉で、想像力表現力がとても豊か。同じレッスンも何度聞いても、変化があり、裏で聞いていてもとても楽しい。

歴史や科学話などわかりにくいところは、瞬時に身近にあるもので例えてくれるのですが、いつも「碧先生の抽斗は無限だなぁ」と思いながら聞いています。また、その抽斗がパカパカと開くのですよね。

普段からアンテナをはり情報を得、紅茶だけでなく、他分野のものを多く観察しているのがわかります。その観察もいろいろな角度で見ているのですよね。

20120422_03.jpg

もちろん私もレッスンで教える際に、「わかりやすい言葉で教えること」は常に課題にしています。ですので、「りつえ先生のレッスンは、とてもわかりやすいです 」と生徒様から声をかけていただくと、お世辞でもとても嬉しいです。

しかし、時には伝える言葉が足りなかったり、話す順番が変わることにより、「伝わりにくくなる」こともあります。自分で話していても、「ちょっとわかりにくかも・・・」なんて思っている時には当然、生徒様から質問が

週末も先輩のよしこ先生にレジメを見せて・・・。どのような言葉で伝えるのがわかりやすいのか、色々話をしました。同じレジメでレッスンをしている先輩講師がいることはとても恵まれた環境だと思います。

新しいことにチャレンジすることも大切ですが、普段レッスンしている内容も、見直しや、知識不足を再確認しお勉強することも講師として大事な作業です。

こんな風に日々の積み重ねがあるため、Cha Tea 紅茶教室のレッスンはいつも同じではなく、半年、1年たつと同じ講座でも内容がグレードアップしています。

見せる資料がより適切なものになったり、私たち講師の伝え方が成長したり。再履修にいらっしゃる生徒様もたくさんいることは、自信に繋がり、とても励みになります。

生徒の皆様、わかりにくい箇所があれば、いつでも質問して下さいね!これからもよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←どんな仕事でも日々精進!と思われた方はポチッとお願いします!


By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

まだまだ緊張する外部セミナー

2012'04.23 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。
今日は先日の銀座三越のセミナーでレッスンについて・・・。3日間にわたるセミナーのテーマは、「知って楽しむティーバッグ」。初回日は16名様がご参加してくださいました。

Cha Tea 紅茶教室のレッスンは、1名~6名様と少人数で行っているので、人数の違いにやや緊張

あまり見えないと言われるのですが、私は人見知りが強く、自分自身が 数ある紅茶教室の中で Cha Tea紅茶教室 に通い時の決めても「紅茶を系統的に学べるスクール」+「少人数制」でした。

講師の立場となり、だいぶ人慣れをしてきましたが、今でも外部レッスンはとても緊張します。
この日は更に、テーブルの配置をコの字型に組んだため「講義!」スタイルになってしまい、緊張も増大。コの字型は歩き回りやすいので、資料を、お一人お一人にに見せて回れるのがいいのですが、難点はちょっと固い雰囲気になってしまうこと。

20120410_04.jpg


普段のレッスンと同じように、参加者の皆様より多くお話をしたかったのですが、このテーブル配置ではそれも難しく・・・。もう少しアットホームな雰囲気を演出できれば良かったと、反省。これを生かし、次の回はテーブルを向かい合わせにしてみました。

外部でのセミナーも、もちろん何度も経験しているのですが、毎回何かしら反省点があります。サロンに帰宅してから、主宰の碧先生や、他の講師たちと、写真を見ながら反省会。反省点を生かしよりよい講座作りに励むしかないですね

セミナーのお土産「ダージリン・ファーストフラッシュ2012」のティーバッグは、みなさんおいしく淹れていただけましたでしょうか?ごセミナーをきっかけに美味しい紅茶に目覚めていただければ嬉しいです。


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←紅茶教室の講師業に興味のある方はポチッとお願いします!

By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

心機一転ブログを始めます

2012'04.22 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室のスタッフ有田りつえです。

今月から「プロフェッショナルクラス」も始まりますが、今までプロフェッショナルクラスを終えた方やこれから受けてみたいと思っている方の中にも、きっと「紅茶の先生になりたい!」と夢を持っている方もいるのではないでしょうか。

私自身、紅茶にのめり込み、紅茶教室の講師としてレッスンするようになってから、5年が経ちました。


紅茶をはじめた当時、私は薬局で働いていました。生徒として2年ほどCha Tea 紅茶教室に通っている中で、紅茶の楽しみを多くの方に伝えたい と思った私は、プロフェッショナルクラスを受講。
2007年春に仕事の傍らCha Tea 紅茶教室の認定校として自宅サロンをオープンしました。


しかし、開いたばかりの自宅教室。そうそう生徒さんが集まるわけでもありません。せっかくいらして下さった生徒さんに、上手に紅茶の魅力を伝えることができず落ち込むことも多々ありました

本校主宰の碧先生から「運営の勉強を兼ねて、本校でも教えてみれば」と誘われたのがきっかけとなり、その後、アシスタントを経て、本校でもレッスンも任せてもらえるようになりました。

場数を踏むことで、少しずつ教え方も向上し、おかげさまで自宅教室でもたくさんの出会いがありました。(4年間の活動を経て、自宅教室は昨年閉校をさせていただきました)


現在は薬局の仕事も辞め、Cha Tea紅茶教室の専属講師として、年間400講座のレッスンを受け持つほか、外部セミナーの講師などを担当しています。

レッスン数だけで言えば、おかげさまでそれなりの場数をこなしてきていると思うのですが、それでも、正直に言うと、まだまだ怒られることも多々あります。生徒さんからも学ぶことも多くあります


日々のレッスンの中から、私が感じたことなどを綴る事により、これから先生になりたい と思っている方に、少しでも参考になればと、心機一転ブログを新しくスタートしたいと思います。

ブログのタイトルも変えました。「紅茶の先生になりたい!~紅茶教室講師記録~」、今までと違った視点でのブログを綴っていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←紅茶教室の講師業に興味のある方はポチッとお願いします!

By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

カップがずらり

2012'04.20 (Fri)

20120419_01.jpg

「紅茶占い」のレッスンでご紹介しているカップ達。
占い用のカップは「フォーチュンカップ」と呼ばれています。
このカップを使っていた人は、どのような想いをこめて占いをしていたのでしょう!?
どんな紅茶を飲みながら占っていたのかも、想像しながら楽しむのもいいですね♪
占いにも色々と種類がありますが、占いのカップが作られるほどいつの時代も人気だったのですね。
ティータイムの話題づくりにもなるフォーチュンカップ。
きっとフォーチュンカップを使い、お話に花を咲かせたのでしょうね。
レッスン終了後に丁寧に洗ってテーブルに集まったカップ達。
ずらりと並んでいる姿は、と~っても素敵で思わず写真を撮らずにはいられません。
ぜひ、レッスンでフォーチュンカップをお楽しみくださいね。

紅茶占い

2012'04.19 (Thu)

20120418_01.jpg

本日から始まったマスタークラス「紅茶占い~変り種カップ」
レッスンではカップを使って占い方をレクチャー。
みなさんとっても真剣に解読していました。
お気に召した方は、まずはお手ごろなものからおうちに占いカップをお嫁に迎えてみてね♪
そして、ティータイムのときにみなさんで楽しんでくださいね~。

待っていました♪

2012'04.16 (Mon)

1月から産休でお休みしていたのBRITISH CAKE HOUSEの祐子先生。
2月に無事にご出産され、4月から楽しみにしていたレッスンが再開されました♪
いつもおいしいお菓子をレッスンしてくださり、毎月習うのが楽しみなのです。
また、裕子先生とオーナーのほがらかなお人柄に、いつも癒されています。
4月のレッスンは「マーブルケーキ」と「ライスプディング」
実はライスプディングは初めて食べました!
ご飯をミルクで煮た甘いデザートは、英国でも人気のあるデザートのひとつ。
英国菓子のレシピ本にも多くのっているのですが、どうもミルクでご飯を煮るというのが、ちょっと食べるのにも抵抗感があり、一度も作ったことがなかったのです。

20120417_01.jpg

食べてみた感想は、ひとことで言うとおいしかったです♪
お味はカスタードクリームと同じなので、カスタードクリームが好きな私にとっては、とてもおいしかったです。
お米が甘いのはちょっと苦手という人もいて、好みには個人差がありそうなので、今度おうちでも作って、夫にも感想を聞いてみよう。
(レッスンのときの試食では、みなさんとてもおいしいとおっしゃって、綺麗に食べていましたよ)

英国菓子のレッスンが終わったあとは、電車で2時間揺られcha tea紅茶教室のサロンへ直行。
この日はネパールからローチャンが来ていたのです!
ネパールの紅茶は生徒様からも「おいしい!」と、とても好評♪
甘い香りとやさしいお味は、一度飲んだら忘れられないお味です。
今回、みどり先生の中国茶の師匠と一緒にサロンに来てくださいました。
そして、師匠がローチャンに託した日本のヤブキタ種と在来種の種、そして台湾のお茶の樹をミックスしたお茶の樹からはじめて生産したという紅茶を持ってきてくださいました。
その紅茶は、なんと200gしかできなかったとのこと。
テスト製作の後、茶樹が雹にやられて全滅してしまったのだそうです・・・

とっても貴重な茶葉をテイスティングさせていただきました。
いくつかテイスティングした中で、こちらの紅茶が味香りともに最高においしかったです。
次の紅茶に期待が膨らみ、とても楽しみです。

何度かお会いしたローチャンは、とても紳士で会うたびに癒されます。
今日は癒されっぱなしの1日でした。
ローチャンまた遊びにいらしてくださいね。

銀座でオンナを磨く1週間

2012'04.13 (Fri)

20120413_01.jpg

銀座三越でのセミナーにお越し頂いた皆様、ありがとうございました。
12日13日と2日間のセミナーを終えました。

今回のセミナー「知って楽しむティーバッグ」 では、ダージリン・ファーストフラッシュダージリン・セカンドフラッシュウバディンブラヌワラエリヤの5産地の紅茶のテイスティングを楽しんでいただきました。
ダージリン・ファーストフラッシュは、贅沢にも2012年のジュンパナ茶園DJ1を、入荷と同時にティーバッグの加工に出し戻ってきたばかり。
新茶のフレッシュな香りと味を、みなさんにもおすそ分け。
17日にも同じセミナーがありますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

4月17日(火)10:30~12:00「知って楽しむティーバッグ」

桜満開

2012'04.12 (Thu)

20120410_03.jpg

サロン休日にスタッフが集まり本の原稿チェック。
5月出版予定なのでほぼ最終確認の段階に入っていますが、それでもまだ直しが見つかったり・・・
スタッフ全員で何度も本文をチェックしているのに、おかしいなぁ。
「もうしばらくは本の出版はいいよね・・・」
なんて言ったりもしますが、「こんな本があったらいいよね♪」と
私たちが求めていた、今までにない形の本を出版できるのは、とっても幸せなこと。
電子書籍なども販売される便利な時代になった今、本の売り上げも以前よりも厳しくなっています。
なので、本を出版するまでの企画が通るのも簡単ではないそうです。
改めて、ご縁を繋いでくれた奥田実紀さんに感謝です。

20120412_02.jpg

原稿チェックをしながら、サロンから見える満開の桜。
すべてお隣の養福寺の桜です。
窓から眺めていると5~6種類の桜が咲いているのが見え、とっても綺麗。
お天気もよく、満開の桜に誘われてちょっと休憩に桜散歩に出かけました。
見事な桜に感動しました~♪
しかも、今までに見たことのない桜越しに見えるサロンの裏側。
第二サロンからは、小さくですが第一サロンの裏側が見えるのですが、こんな近くから
サロンの裏側ってこんな感じなのねと、まじまじと見入ってしまいました。


20120410_01.jpg

バタフライハンドル

2012'04.11 (Wed)

20120411_01.jpg

Aynsley社のバタフライハンドル。
バタフライハンドルは製造数も少なく、ファンが多くとても人気があります。
今は製造していないので、希少価値もありこれがまた人気の要因にもなっています。
こちらの蝶々は、なかなかリアルに描かれています。
お花の形をしたソーサーとカップに、蝶々が止まっているよう。
お花のようなシェイプのこのカップは、チューリップシェイプと呼ばれています。
同じくAynsley社の陶花とよく合います。
春にぴったりのカップですね。
またミルクティーのお色がよく似合うカップです。

女子力アップ♪

2012'04.07 (Sat)

まだ寒い日もありますが、ようやく春らしい陽気になりコートも軽くなりました~♪
気分もウキウキと、用事もないのにお出かけしたくなります。
「紅茶とチーズ」の講座ですっかり、体にチーズが染付き今まさに毎日「チーズ食べたい病」にかかっています(笑)
ブルーチーズが大好きなエリザベス女王も、毎朝欠かさずブルーチーズを食べているとか。
以前はちょっと理解できませんでしたが、今はわかるわ~。
こんな時にデパートへ行った時には、危険です。

さてさて、4月11日~17日に銀座三越で銀座でオンナを磨く1週間が開催されます。
Cha Tea 教室からは「知って楽しむティーバッグ」のレッスンで参加させていただきます。

紅茶が飲みたいけど、朝は忙しくて時間がない。

会社ではポットを使って紅茶を淹れるのは大変。

そんなときに便利なのが「ティーバッグ」の紅茶♪
紅茶教室のファーストレッスンに来られる多くの方が、申し訳なさそうに「いつもはティーバッグで紅茶を飲んでいるので・・・」と言われるのですが、決してティーバッグで紅茶を淹れるのは恥ずかしくないのですよ。
紅茶の国「英国」でも90%以上の方がティーバッグで紅茶を楽しんでいます。
ただ、ティーバッグについてもう少し知っていただき、きちんと淹れていただければ今までの紅茶よりも、ずっとおいしくいただけます♪

4月12日(木)14:30~16:00
4月13日(金)14:30~16:00
4月17日(火) 10:30~12:00

上記の日程で開催されますので、お時間が合う方は銀座三越さんに直接お申し込みください。

桜の見えるお部屋で

2012'04.06 (Fri)

cha teaのサロンから見える、養福寺の桜が綺麗に咲いています。
養福寺はなんと、1620年開山というとっても歴史のあるお寺なんです。
境内には、「ソメイヨシノ」「鬱金桜」「枝垂桜」「八重桜」と数種類の桜があります。
今週末は満開で見ごろかな?
第二サロンからも養福寺の裏の桜が見えますよ~♪

毎年見ごたえがあるのが、仁王門の両脇の八重桜。
桜が満開になると、道の上が桜に覆われ、まるで桜のトンネルのように。
とても綺麗で、つい足を止めてしまいます。
こちらは咲くのが少し遅いので、まだまだ桜が楽しめるのがいいところ☆
週末のレッスンの帰りは、谷中花見散歩マップをともに桜散歩もおすすめですよ♪

20120406_01.jpg

サロンでは、碧先生をはじめ花粉症のスタッフが数名・・・
私もですが・・・
なので外のお花見はちょっと厳しいのですが、お部屋の中から桜が見られるなんて、とっても幸せ。
せっかくなので、テーブルもどの位置からも桜が見えるように向きを変えてみました。
昨日からはじまったマスタークラスの「紅茶活用術2012食編」では、さっそくお部屋からの桜の眺めを「紅茶定食」とともに楽しんでいただきました。

「アウガルテンのグラス」にはアイスティーが注がれ、スポードのプレートの上には紅茶尽くしのお料理。
テーブルの上には、「エインズレイの陶花」
とっても華やかな定食です(笑)

和菓子と紅茶

2012'04.05 (Thu)

20120405_01.jpg

マスタークラス「紅茶とチーズ」で、た~ぷりとチーズを堪能。
しょっぱいものを食べていると、甘いものが欲しくなります。
そんなときに差し入れに頂いた、うさぎやの最中。
うれしい♪
最中の香ばしいかおりが、また食欲をそそります。
和菓子というと緑茶を合わせることが多いかと思いますが、和菓子に会う紅茶もあるのですよ~。
緑茶の風味に近いスリランカ産のヌワラエリヤ。
今年の新茶はまだかしら!?
と、心待ちしながら本日は、ヌワラエリヤをあわせておいしく頂きました。
H様、ご馳走様でした。

ダージリンのファーストフラッシュの新茶が入ってきたばかりですが、ヌワラエリヤの新茶も楽しみです。
今年はどんなお味なのかしら。
こちらの新茶の入荷待ち遠しいです。

さて、本日から第一サロンではマスタークラス「紅茶活用術~食編」がはじまります。
紅茶尽くしのお料理をお楽しみくださいね☆

4月19日(木) 10:00~12:00 第1 Master 紅茶活用術2012~食編(Adv紅茶の成分と効用)
4月26日(木) 19:30~21:30 第1 Master 紅茶活用術2012食編(紅茶の成分と効用)

2講座追加がありますので、ご都合の合う方はぜひご参加おまちしております。

レモンカード

2012'04.04 (Wed)

20120403_03.jpg

先日、アンティーク・ティアドロップのオーナーの由美さんが、お仕事の帰り道に第二サロンに遊びに来てくれました。
(正確にはお仕事も兼ねていたのですが。)

せっかく来ていただいただくので、一緒にゆっくりとお茶をと思い、はりきってケーキも焼いて準備しました。
以前ゆみさんから頂いた英国のお土産「レモンカード」を使って、ヴィクトリア・サンドイッチを焼きました。
いつもはラズベリージャムで甘酸っぱい感じに仕上げていますが、レモンカードもなかなかのお味☆
ゆみさんにも食べていただき、お気に召していただけました。
紅茶は「ディンブラ」を合わせましたが、「ニルギリ」の相性も抜群です♪
英国では、パンやクラッカーなどにレモンカードをつけていただいたりします。
うすいカリカリのパンにレモンカードは最高です。
ヨーグルトにあわせてもおいしいかも。

ゆみさん、ありがとうございました。
また、ケーキ作ってお待ちしておりますね~。

ファーストフラッシュDJ1

2012'04.03 (Tue)

20120412_01.jpg

春の新茶「ダージリン・ファーストフラッシュDJ1」が届きました♪
寒い冬を乗り越えた今年最初の新芽を摘み取ってできたDJ1。
今年のファーストフラッシュは現地の寒さが響き、例年より2週間ほど生産がずれ込んでいるとか。
ジュンパナ茶園の初摘みの収穫量もわずか80kgと、大変希少になっております。

これまでは、ダージリンに他の地域で生産された茶葉をブレンドした紅茶も、ダージリンティーのブランド名の使用が許されていましたが、昨年度EUでダージリンの地理的表示保護認定が決議され、ダージリンの地域以外の紅茶は「ダージリン」の名を使うことができなくなります。
今後ダージリンはどうなっていくのでしょう。
価格も高くなってしまうのかしら・・・

紅茶とのペアリング

2012'04.02 (Mon)

20120402_01.jpg

昨日からはじまったマスタークラス「紅茶とチーズ」
ワインとチーズを楽しむように、お酒が飲めない方でも楽しめるのが紅茶♪
お酒が飲めない生徒様も、あまりチーズを食べる機会もなく
「こんなにチーズを食べたことがないです~」と喜ぶ反面、香りも特徴的で大丈夫かしら!?
と少々不安な様子。
7種類のチーズと3種類の紅茶を食べ合わせていただきました。
紅茶の個性とチーズの個性が、食べ合わせたときにどうなるのか?
ひたすら食べて飲んでいただきました。
苦手な紅茶もチーズによっておいしく頂けたり、個性的なチーズが紅茶によっておいしくなったり。
不安そうにしていた生徒様も、意外なことに個性的なチーズもいける口でびっくり。
ご本人が一番驚いていたかも♪
おうちでも紅茶とチーズを楽しんでくださいね。

紅茶とチーズ

2012'04.01 (Sun)

20120331_01.jpg

本日からマスタークラス「紅茶とチーズ」がはじまりま~す♪
お部屋はチーズの香りでいっぱい。
講座では7種類のチーズと3種類の紅茶のテイスティングがあります。
おたのしみに☆
レッスンは第二サロンですので、お間違えないでいらしてください。
新茶のダージリン・ファーストフラッシュも入荷しております。
こちらは、第二サロンでも販売しておりますので、こちらもお楽しみに☆

 | HOME | 

プロフィール

*Ritsue*

Author:*Ritsue*
Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。教室では「りっつん」の愛称で呼ばれています。
紅茶・洋食器・英国菓子など、お茶周りに関するものが大好きです♪紅茶教室の講師の日常を綴ります

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。