紅茶の先生になりたい!~紅茶教室講師記録~

Cha Tea紅茶教室専属講師が綴る、紅茶日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもてなしは人となりが現れる時間

2013'02.28 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

今週、サークルのメンバーが集って講座の打ち合わせをする機会がありました。場所はいつもの第2サロンではなく、プロフェッショナルクラスの卒業生の和子様のご自宅。碧先生とたまえ先生と生徒様がお邪魔させていただき、私は残念ながらお留守番でした。

碧先生とたまえ先生は翌日、「和子さんのやわらかい雰囲気がお部屋にもよく出ていて、とてもあたたかく居心地が良いお家だった」と感激していました。

20130227_01.jpg

おもてなしはその人の人となりがとても現れる時間。人への気遣い、人を楽しませる話術、人への思いやりや愛情など。おもてなしをされて居心地のよい空間というものは、教室をするうえでも同じ。碧先生もそうですが、日常からお客様が来るおうちというのは、生徒様にも居心地の良い場所なのだなと思います。和子さんのお教室の生徒様は幸せだろうな。

食器もお好きな和子さんなので、キャビネットの中には、目がキラキラするような素敵な食器もいっぱい。写真を見せてもらい、わぁーと憧れてしまいました。周りにいる素敵な方をお手本に、私も自分の内面磨きをがんばります。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室
スポンサーサイト

文化面のカリキュラムが強化されます

2013'02.27 (Wed)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。


火曜日にマスタークラス「世界のフィギュア」のレッスンが無事に終わり、土曜日からは新たにマスタークラス「英国ティーカップの歴史~5章」がはじまります。

「英国ティーカップの歴史」が出版されてからは、本をきっかけにレッスンに来てくださる方も多く嬉しい限りです。

Cha Tea紅茶教室は、紅茶の淹れ方から始まり、様々な茶産地のこと、そこにまつわる文化・歴史、紅茶の消費国であった西洋の歴史や文化、更には茶道具の文化に至まで、幅広く、そして深く色々なことを学ぶことが出来ます。

20130225_02.jpg

入り口はみなさんおいしい紅茶を!と来られる方が多いのですが、学んでいくうちに歴史の面白さにひかれて、ベーシッククラスからアドバンスドクラス、そしてマスタークラスへと徐々にステップアップしていく方も多数。

4月からは新たにアドバンスドクラスに、歴史や文化を学べる講座が4講座増え、中級クラスの内容が20講座へと変わります。「産地の勉強をしたい方」「産地の基本は別のお教室で学んだので、文化的なことを学びたい方」「総合して学びたい方」様々な生徒様のニーズによりお応えできる講座が揃ったのではないかと思います。

「紅茶」のある暮らしをより楽しんでいただければと思います。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

写真撮影にもテーマが必要

2013'02.26 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

ティータイムのときに、日課となっている写真撮影。同じ被写体でも撮り手により随分印象が変わります。生徒様に人気なのは、碧先生の写真。「碧先生ブログの写真いつもきれいですね」なんて言葉をよく耳にします。先日も碧先生の管理しているお教室のFacebookの写真がとても綺麗で・・・と体験レッスンにいらして下さった方がいました。

お教室のFacebook https://www.facebook.com/teaschoolchatea?ref=hl

私は今、サロンのお休みを利用して、これまでに習った英国菓子の復習をしています。焼いたケーキの写真撮影もセットで考えているのですが、なかなか思うように写真が撮れないことが多く苦戦しています。同じケーキでも写真によって美味しくなさそうに見えてしまう・・・出来ればより美味しく見せたい!!!

20130225_01.jpg

撮った写真を振り返っては、何がダメなのか毎回反省会をしています。先日碧先生に、「写真撮影もベーシッククラスのティーパーティーの開き方のレッスンでもお話しているように、テーマが必要」とのアドバイスをもらいました。

テーマがないと、あれもかわいい、これもかわいい、と並べていくとチグハグになってしまうとのこと。確かにそうなんですよね。まずは、テーマとイメージ作りをしてから撮影することを心がけてみます。

今はチャレンジ中なので、ため息をついてしまうこともありますが、何度も繰り返していくうちにきっとコツが見えてくるのではないかと思います。せっかく習ったおいしいお菓子が、よりおいしく見えるように、食器やグラスもより美しく紅茶もおいしく見えるように頑張ります♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

好きを伝える・・・まずは家族から

2013'02.25 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

最近は、ミュージカルが大好きな碧先生の影響で、私もDVDやCDなどでミュージカルをお勉強中。今は「レ・ミゼラブル」と「オペラ座の怪人」を楽しんでいます。

映画で観た「レ・ミゼラブル」に感動し、夫と一緒にも観に行き、その影響で夫も今は原作を読みはじめ、もっぱら我が家の夕食の話題は「レ・ミゼラブル」のお話が中心になっています。

Cha Tea紅茶教室のスタッフの中では、好きな人に思いを気づいてもらえず死んでしまうエポニーヌが人気で、そのお相手のマリウスは少し肩身の狭い感じになっています。そんなマリウスを夫は原作を読みながら今の段階では擁護しています。原作のストーリーはまだまだ続くので、しばらくは「レ・ミゼラブル」の話題が続きそうです。

20130222_02.jpg

ミュージカルという未知の世界への楽しさに触れ、家族も一緒に楽しめるものが出来てうれしいです。「オペラ座の怪人」もDVDですっかりはまってしまい、これまた夫も巻き込んでもう1度鑑賞。夫も楽しかったようです。

物語からその時代の歴史のお勉強もしつつ、楽しみたいと思ってます。

ミュージカルもそうでしたが、紅茶に関しても、最初は私が趣味として楽しみ、家族の会話の中で自然にその話題が増えたことで、少しずつ夫も興味を持ってくれ、今では茶園にも一緒に行けるように。生徒様に楽しみを伝えることももちろん講師として大切ですが、まずは一番身近な家族に自分の好きなものの魅力が少しでも伝わること、これは大切だなと思います。

うちは家族の理解がなくて・・・と言う方も、焦らず、日々自分が楽しむことで、その魅力を伝えていって下さいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

ティーカップの次に欲しいもの

2013'02.24 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

先週の水曜日からマスタークラス「世界のフィギュア」が始まり、講座を担当している碧先生とたまえ先生から、たっぷりとフィギュアへの愛が語られています。

Cha Tea紅茶教室の中でも、碧先生とたまえ先生は、フィギュアが大好き。生徒様にお見せしているコレクションは短期間で集めたものではなく、長い年月の間で少しずつ集めたものです。講座を聞きながら改めて、講師として教えるには知識だけではなく、その講座、ご紹介する商品への愛情・思い入れなどの大切さを感じました。

20130222_01.jpg

紅茶教室に通うようになってから、洋食器へ興味を持つようになり少しずつ増えたカップのコレクション。ティーカップだけでも様々な窯と柄があるので、もう1客、もう1客と楽しんでいたら・・・気が付けばカップはあるけれど陶花もフィギュアもなく、キャビネットの中が少し寂しい感じです 陶花もフィギュアもどちらも欲しいのですが、どこの窯にしようか悩んでしまいます。

今回のフィギュアの講座で色々な窯のものを見た中で、気に入ったのは英国のロイヤルドルトン 絵付けの濃淡やスカートのひだの作り方が好きです。カップもロイヤルドルトンがお気に入りなので、いつか合わせてロイヤルドルトンのフィギュアに出会えたらいいな。

みなさんも自分好みの窯のフィギュアを見つけてくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

紅茶の香りがする ロイヤルミルクティー

2013'02.23 (Sat)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

ベーシッククラス「ロイヤルミルクティー」のレッスンで作った、ルフナとディンブラのロイヤルミルクティー。
生徒様から「紅茶の香りがする」「牛乳の嫌な香りがなくさっぱりしていておいしい~♪」と大好評でした。

ロイヤルミルクティーに合わせて、英国菓子も作れたら幸せ~♪と、今サロンで販売している「英国アフタヌーンティー&お菓子」の本もお持ち帰りして下さいました。レシピの中には、スコーンの作り方ものっています。

20130221_01.jpg

焼きたてはもちろんおいしいのですが、冷めてもおいしいのでおすすめです。
まずは、おいしいロイヤルミルクティーを作ってみてくださいね。

第1サロンではマスタークラス「世界のフィギュア」が進行しています。部屋中に並んだフィギュアの数は40体近くあり圧巻です。
中でも、ミラーの前に飾られたフィギュアは、素晴らしすぎる。さてどこの窯のものでしょう???
20130221_02.jpg

こちらの講座は数年前から碧先生が提案していた講座なのですが、タイミングが合わず、今年ようやく実現した講座です。こだわりのフィギュア、レッスンでぜひじっくりと眺めてくださいね。

きっと、今後の美術館鑑賞のポイントが大きく変わることと思います。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

ケーキと器の相性

2013'02.22 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

Cha Tea紅茶教室の生徒様の中でも人気がある食器「ヘレンド」、碧先生もヘレンドが大好きなので、第一サロンには数多くのヘレンドの食器があります。その中でも碧先生がお気に入りなのが「ヴィクトリア」。

1851年のロンドン万博でヴィクトリア女王の目にとまり、女王がセットで注文したティーセットです。このことは、世界にヘレンドの名が広まるきっかけになりました。ヴィクトリア女王の名前の付いた食器に、同じくヴィクトリア女王の名前の付いた「ヴィクトリアサンドイッチケーキ」を乗せてみました。

20130218_04.jpg

水曜日からは、マスタークラス「世界のフィギュア」が始まりましたが、講座に合わせて30体ほどのフィギアが飾られています。ヘレンドのヴィクトリアの雛人形もご紹介しています。

シンプルなケーキには華やかな器・・・そしてケーキに装飾性のあるものは、もう少し控えめなお皿との組み合わせもお勧めです。

下のお写真のスイーツは、「イチゴショート」♪ 日本のものはスポンジケーキに、生クリームとイチゴが挟んでありますが、英国のショートケーキはショートブレッドに生クリームとイチゴが挟んであるスタイルです。サクサクのショートブレッドを割り、生クリームとイチゴをつけていただきます。

20130208_02.jpg

焼きっぱなしの多い英国菓子にはめずらしく、イチゴの赤い色が華やかに見えるショートケーキ。見た目もかわいらしいです。全面に柄のないロイヤルアルバート社のオールドカントリーローズと合わせてみました。

ケーキの雰囲気と、お皿との相性をあれこれ考えるのもティータイムの楽しみですよね。サロンのレッスンでもケーキが決まっていて、それに合わせる紅茶、器を生徒様に選んで頂くことが良くあります。これだと思える組み合わせを目指して、楽しみましょう♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

紅茶教室で知った「食べ合わせ」の楽しさ

2013'02.21 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

紅茶のおいしさは、淹れ方だけではなく、新鮮な茶葉を使用すること、体調に合わせての茶葉選び、フードとの食べ合わせなども大切になってきます。紅茶教室で知った「食べ合わせ」は、紅茶にとどまらず、様々な食事のシーンでもとても活かされています。

ミルクティーにはまった私は、ミルクティーに合うお菓子を探すようになり・・・スコーンにたどり着きました。しかし色々なスコーンを食べてみたのですが、なかなかお気に入りのスコーンに出会えませんでした。ようやく見つけたお店は、距離と、営業時間の関係で、なかなか足を運ぶことが出来ません。

20130218_01.jpg

それならば、自分で作ってみようかなと、英国菓子の教室に通うきっかけにもなりました。今でも、お気に入りのお店のスコーンの味を超えることは出来ませんが、英国菓子の教室では紅茶にあうお菓子のレシピをたくさん教えていただきました。今年は1年、習ったお菓子の復習を徹底してやるつもりです。

先日作ったドライフルーツにスパイスのきいた「チェルシーバンズ」は元々ロンドン・チェルシーの高級住宅地「チェルシー・バンズ・ハウス」というお店で販売されていました。

20130220_01.jpg

チェルシーバンズは、ジョージ3世もお気に入りで馬車を走らせて買いに行ったと言われています。ジョージ3世は、ヴィクトリア女王、エリザベス2世、に次いで3番目に長く君臨していた国王です。紅茶の歴史をお勉強していると、よくジョージ3世のお名前が出てきます。

「ボストンティーパーティー事件」にも出てきますよ。税金の引き上げが原因で起きた事件ですが、その後、アメリカの独立戦争に繋がったというお話は、学生の頃に世界史で習ったはず。

復習をしつつ、英国菓子にまつわる基礎知識もしっかり見直していきたいなと思います。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

紅茶の産地~中国

2013'02.19 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

はじめてのCha Tea 紅茶教室のレッスンで飲んだ、世界三大銘茶「ダージリン」「ウバ」「キームン」、ダージリンは飲んだことがあるけれど、自宅で飲んでいる味とは少し違い、ウバとキームンは初めて飲むお味でした。

ダージリンの香り豊かな味わいに感動し、ウバの渋さに驚き、キームンのスモーキーな香りに少し抵抗を感じ、それぞれまったく違う個性を持っているのを知りました。

キームンは香りとは反対に、渋があまりなくとても飲みやすい産地です。今まで紅茶の産地など気にしたことがなかったのですが、キームンが中国で作られているのを知り、最初は驚きました。しかし、紅茶の歴史を知れば、中国で作られているのは納得。

20130218_02.jpg

そんな中国の紅茶について詳しく学ぶレッスンが、アドバンスドクラス「紅茶の産地~中国」です。時代は紀元前2700年から紐解いていきます。中国紅茶誕生までの歴史をお勉強した後は、もちろん中国で作られている紅茶のテイスティングです。キームンを含めて6種類の産地をテイスティングしていただきました。

ティータイムには、中国の紅茶を蓋碗でいただきながらBGMには中国の民謡を流し気分を盛り上げて楽しみました。蓋碗に合わせてケーキを乗せているプレートは、英国のロイヤルアルバート社の「オールドカントリーローズ」茶の原産国といわれている中国の雲南省は、バラの主産地とも言われそこからヨーロッパへと伝播したといわれています。

約2年前の中国の中でも最も古くからお茶が現存している雲南省への旅行は、私にとってとても印象に残る旅でした。紅茶の産地~中国のレッスンをするたびに思い出します。連れて行ってくださった、カメラマンの竹田さんに感謝です。ありがとうございました。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

キャビネットの模様替え

2013'02.19 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

レッスンが終わった後、スタッフ4人で第一サロンの模様替えをし、うっとりするような空間になりました。次のマスタークラス「世界のフィギュア」に合わせて、色々な窯のフィギュアがサロンにずらりと並びました。フィギュアに囲まれたサロンは、プチ・美術館のようです。

マイセンのフィギュアは圧巻の美しさ。毎日眺めていてもため息が出るほど美しいです。

生徒さんが「きゃ~、かわいい♪」と目がハートになっているのは、ロイヤルドルトンのフィギュア。

20130217_01.jpg

他にも色々な窯のフィギュアが飾られています。階段のニッチにも、季節にあったヘレンドの雛人形が飾ってありますので、2Fに行く途中に見てくださいね。

今回の模様替えは人でもあったので、キャビネットの中のガラス磨きなど掃除をしつつ、カップの模様替えもしました。飾るカップは同じでもカップの配置をかえるだけで、雰囲気がかわってなんだか新鮮です。

第二サロンのキャビネットも、そろそろ模様替えをしよう!

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

おすすめの本 英国アフタヌーンティー&お菓子

2013'02.18 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

習った英国菓子の中で最も作っているケーキが「ヴィクトリアサンドイッチケーキ」、月に数回は必ず焼くケーキなので、忘れっぽい私ですが材料・分量もしっかり頭に入りました。作るのも体が自然と動くくらい身についているので、日常でも手軽に作ってティータイムを楽しめるケーキとなっています。

週末のベーシッククラス「ティーパーティーの開き方」でも生徒様に食べていただきましたよ。ヴィクトリアサンドイッチケーキを食べたことのある生徒様からも、大変好評で、ホッとしました。

「先生、また食べたいです」「作り方レッスンしてください」「ケーキの販売をしてください」

など、うれしいお言葉をたくさん頂き、ありがたいかぎりです。まだまだそのレベルではないのですが、励みにしますね。ありがとうございます。

20130215_02.jpg

他の英国菓子もとてもおいしいものがたくさんあるのですが、まだまだヴィクトリアサンドイッチケーキのレベルには達していません。他のレシピもヴィクトリアサンドイッチケーキと同じくらい、確実に美味しく作れるように、日々復習をしているところです。

英国菓子を作ってみたいな♪という方には、私がお菓子を習っているBritish Cake Houseの祐子先生のレシピがのっている「英国アフタヌーンティー&お菓子」の本はおすすめです。

英国アフタヌーンティー&お菓子 (講談社のお料理BOOK)英国アフタヌーンティー&お菓子 (講談社のお料理BOOK)
(2011/09/28)
小関 由美、小澤 祐子 他

商品詳細を見る

こちらの本は3月にCha Tea紅茶教室のイベントで講師を勤めて下さる小関由美さんが執筆しています。第1サロンと第2サロンで販売していますので、興味のある方はお手にとって見てくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

講師仲間から受ける刺激

2013'02.17 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

サロンのお休みに、紅茶仲間が遊びに来てくれました。ご一緒に来られたKさんも紅茶講師。先日マレーシアに茶園と工場視察に行ってきたとのこと、うらやましい~♪

マレーシアで購入した紅茶4種類を持参してくれました。では早速味見を・・・と、軟水と硬水と両方のお湯でいれ、ストレートとミルクと楽しみました。ストレートでは、この紅茶。ミルクティーならこの紅茶。など、それぞれ好みなどは違いましたが、トータルでの評価はみんなほぼ一緒でした。

20130216_01.jpg

この勢いに乗り、先日マスタークラスでもテイスティングしたアッサム13茶園から6種類をテイスティングしました。茶葉のセレクト、テイスティングカップを作るのは碧先生。「さぁ、テストです♪」とアッサムのテイスティングがスタート。

それぞれの茶園で価格が異なるので、自分の舌を試されているようでドキドキ。ダージリンセカンドフラッシュよりもお値段が高かった紅茶は、やはり別格でした。水色から違いますし、香りがとにかくいい香りでした。水色は薄いのに、ミルクを入れても劣らない香りのパワーは素晴らしいですね。

こちらも最終的に、みんながおいしいと思った紅茶は一致しました。Cha Teaが昨年アッサムを輸入するときに、今教室で出ししているアッサムと最後まで残った茶園のものでした。価格付けもまずまずの正解率。やった~♪

紅茶仲間が集まると、テストもわいわいがやがや楽しみながら出来て刺激になります。講師にもたまにはスリルが必要ですね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

私が数あるお教室からCha Tea を選んだ理由

2013'02.16 (Sat)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

2013年になり早いもので2ヶ月近く経ちました。「ずっと紅茶が好きで、いつか紅茶教室で習おう♪」
そんな風に思っていた方がここ最近、ファーストレッスンにご参加されることが多く、大変うれしい限りです。

数ある紅茶教室の中から、Cha Tea 紅茶教室を選んでくれた理由としては

「本を出版していて信頼がおけた」
「紅茶以外にも歴史や食器など、しっかりと学ぶことが出来るから」
「せっかく学ぶなら、建物やインテリアも楽しみたい」
「卒業生もしっかり活躍されていて憧れる」
「本格的だけれど少人数制のところがいい」


などなど・・・ありがとうございます。

ちなみに私が最初に紅茶教室を選ぶときに、Cha Tea 紅茶教室を選んだ理由としては2点。

1点目は「少人数制」、見えないとよく言われるのですが、私は意外に人見知りなので少人数制は自分に合っていました。

そして2点目は「土日・夜の開講もありレッスン数が多いところ」紅茶教室は、平日開催のところが大半で、土日にフルで稼働しているお教室がなかなかなかったこともありました。当時はフルタイムの仕事もしていたので土日や平日の夜も開催している紅茶教室はとても助かりました。

そして、最終的に決め手になったのは、やっぱりCha Tea紅茶教室では色々なことを深くしっかりと学ぶことが出来るところでした。

20130213_02.jpg

紅茶教室を選ぶポイントはそれぞれ違うかと思いますが、Cha Tea を選んで下さった生徒様が、その後他のお教室に通うことになった際にも、「Cha Tea も良かったよ」と言っていただけるように・・・と思っています。

サロンには10代から、70代の方までが通われています。習い事を始めるのに遅すぎるということはありませんが、私自身は、欲を言うならばもっと早くに紅茶の世界を知っていたら・・・なんて思っています。

紅茶を知ってから、本当に視野が広がりました。洋食器、インテリア、美術鑑賞、歴史検証、そしてお菓子作り。もっと早く知っていたら、もっと早く楽しい人生が始まったのに~、と思います。思い切って一歩踏み切ってはじめて見て本当に良かった。

Cha Tea では随時新規生徒様対象のレッスンがあります。まずは、ファーストレッスンでお教室の雰囲気をお試し下さい♪お一人様よりレッスンを開催しています。

△2月20日(水)14時/△2月23日(土)10時/△2月27日(水)10時/△3月2日(土)13時半/○3月6日(水)10時/○3月10日(日)10時/○3月14日(木)14時

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

アッサム・ティーテイスティング

2013'02.15 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

マスタークラス「アッサム・ティーテイスティング」の講座も水曜日に、無事に終えました。生徒様には、アッサムのテイスティングをこれでもか!というくらいしていただきました。

13種類の様々なアッサムを、軟水と硬水の水でストレートとミルクティーとでテイスティングをしただけで、もうお腹がいっぱいです。改めて自宅でゆっくりとアッサムを味わいたい♪そんな生徒様に特別に作ったアッサム12茶園セットも大好評でした♪みなさまありがとうございました。

20130213_01.jpg

アッサムの歴史を忘れてしまい、あれれ?と思ってしまった方には、アドバンスドクラス「紅茶の産地~インド」の講座の再受講をおすすめします。

今日のお写真は、アッサムの紅茶によく合うお菓子、ショートブレッド。バターがたっぷりと使われているお菓子です。アッサムのようなしっかりとした渋みを持つ紅茶は、バターの油分をしっかりと流してくれるので組み合わせとしてはベストなんですよ。ぜひご自宅でもペアリングしてみて下さい。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

ビターなケーキでバレンタインデー

2013'02.14 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

みなさまバレンタインは、いかがお過ごしですか?好きな人へのチョコや、義理チョコ、友チョコ、自分チョコなど、今は色々なチョコレートがありますね。先日の猫井さんのイベントで、チョコレートのお話をたっぷりと聞いてから、しばらくチョコレートが食べたくてうずうずしていました。

残念ながら、我が家の夫はチョコレートがそんなに好きではなく・・・今年も、私が自分用に購入したチョコレートケーキをほんの少しだけお裾分けのバレンタインデーでした。

20130212_01.jpg

珍しく夫が紅茶も入れてくれましたよ。嬉しい♪私は夫が紅茶を入れている間に、食器選び。選んだ食器は、ミントンの「アルハンブラ」。スペインのグラナダに建つアルハンブラ宮殿から名付けられたものです。アラビア調の赤とアラビア建築の装飾模様を思わせるデザイン。金彩がチョコレートのブラウン色とよく合います。

ちょっとビターなチョコレートケーキは、生徒様の娘さんが販売されているお品。フランボワーズの酸味がほどよく、しっとりと大人なお味のケーキ、とてもおいしく頂きました。

食後だったので、さっぱりとウバのミルクティーで頂いたのですが苦みが苦手な方は、アッサムのミルクティーやルフナのミルクティーとあわせるのもお勧めそうです。少しずつゆっくりと楽しみたいと思います。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

英国菓子「ティーブレッド」

2013'02.13 (Wed)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

サロンのお休みの日は、英国のお菓子作りを楽しんでいます♪

ベーシッククラスの「ティーパーティーの開き方」のレッスンでお出ししている、ヴィクトリアサンドイッチケーキ以外にも、英国のお菓子はたくさんあります。

写真のケーキは、「ティーブレッド」。英国のお菓子では、ドライフルーツを使ったものが非常に多いですが、こちらはドライフルーツを紅茶で漬けたものを生地に混ぜ焼いたものです。今回は、スリランカの産地「ルフナ」の紅茶を使って漬けてみました。

20130211_03.jpg

完成したティーブレッドを、スタッフの愛ちゃんと一緒にセッティングし写真撮影を楽しみました。上の写真の食器は、クラウンダービーの「ロイヤルアントワネット」。ラブリー大好きな愛ちゃんらしいセレクトでした。

下の写真は、朝食をイメージして食器は素朴なクリームウェアをチョイス。食器やクロスを変えるだけで、雰囲気が変わって面白いです。

20130211_02.jpg

写真一つでお菓子の印象も変わり、新しい発見もたくさん。そして、何よりもスタッフと一緒にセッティングをして、写真撮影をしている時間が楽しい♪ 

次のお菓子作りが今から楽しみです。またこちらのブログで紹介しますね。楽しみながら、大好き英国菓子の復習をして行こうと思います。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

後輩の活躍♪ヒルズでのティーセミナー

2013'02.12 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

週末の3連休、多くの生徒様にレッスンに来ていただきました。今週はサロンで通常のレッスンの他に、六本木ヒルズで外部レッスンがありました。

外部レッスンには、シニアティーアドバイザーのゆきえちゃんが講師に、サポート役は同じくシニアティーアドバイザーのFちゃんが勤めました。外部レッスンの際は、比較的メンバーに選ばれることの多い私ですが、今回はお留守番でサロンのレッスンのサポートをしていました。

六本木ヒルズでの外部レッスンを無事に終え、戻った2人とても幸せそうで。お帰りの際の参加者の方の笑顔がとても嬉しかった・・・と、楽しい時間を過ごせた様子♪ご参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

初々しい2人を見て、自分がはじめて外部レッスンをした時を思い出しました。はじめての外部レッスンは、心臓が口から出てきそうなほど緊張しました。アシスタント役の動きを見ている余裕すらありませんでした。

20130211_01.jpg

経験をつんでいくとスタッフの動きを見る余裕も出来てきます。
そんな余裕が出てきた時に、1度だけ大きなミスをしたことがあります。何度も確認していたはずなのに、なんと、レッスンの時間配分を勘違いして、予定より30分も早く終了させそうになったのです。もしかして、時間を間違えている?と気付いた先輩スタッフが、機転をきかせて軌道修正をしてくれ、助かったことがありました。

講師が講義に集中できるのも、アシスタントのサポートがあってこそ。講師役も、アシスタント役も講座には必要不可欠な存在です。お互いに感謝の気持ちは忘れずに、より良いレッスンを目指しましょう。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

英国菓子「コーヒー&ウォールナッツケーキ」

2013'02.11 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

紅茶教室へ来るきっかけのひとつに「コーヒーが飲めなくて」と、言う方も多いのですが、私はもともと珈琲党でしたので、コーヒーも大好きです。

しかし最近では、紅茶を飲むことのほうが多く年に数回コーヒーを飲む程度になってしまいました。

20130209_01.jpg

そんな私の密かな楽しみが、英国でも人気のあるコーヒー味のケーキ「コーヒー&ウォールナッツケーキ」です。紅茶教室では、生徒様にお出しにくいケーキですが、大好きなケーキのひとつです♪

お休みの日に「コーヒー&ウォールナッツケーキ」を焼いたので、食べる前にお写真も楽しもう・・・と、レッスンの合間に、第2サロンで美恵ちゃんと一緒にテーブルセッティングを楽しみましした。

20130209_02.jpg

テーブルクロスを並べ、小物をひっぱりだしたり食器を変えてみたりと、あれやこれやとセッティングし写真撮影。美恵ちゃんの素敵なセッティングのおかげで、今までと違った感じの写真になりました。背景を気にするだけで、かなり雰囲気が変わりますね。

ケーキは、スタッフ、そして「エマ・ヴィクトリアン」サークルのメンバーがペロリと平らげてくれました。ありがとうございます。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

52種類のティスティング

2013'02.10 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

第2サロンでは、マスタークラス「アッサム・ティーテイスティング」のレッスンが連日開催されています。ティーテイスティングでは、26種類の紅茶をストレートとミルクティーの両方でテイスティングをするので、なんだかんだと52種類の味を評価することになり、皆さま真剣。

20130208_01.jpg

これだけの紅茶をテイスティングできるのは、普段も紅茶を飲んでいないとなかなか出来ません。日常で紅茶を飲んでいないと、5種類くらいのテイスティングでも、舌が混乱してしまい、正確に味が評価出来なくなってしまう。

皆さま、しっかりとテイスティングをしたうえで、更にティータイムでも3種類の紅茶を飲み、スイーツにはアッサムの茶葉を使用したワッフルを完食。見事な飲みっぷり、食べっぷりにあっぱれです。

20130208_03.jpg

アッサムは、まだまだ未知の世界。テイスティングをした中には、ダージリンのセカンドフラッシュよりも高値をつけたアッサムなどもあり、とてもとても貴重な体験でした。高級すぎて、日常飲料には難しいですが、貴重な紅茶を飲むことが出来て、とても幸せです。

いつかアッサムの地へ訪れてみたいと強く思った講座でした。引き続き、月曜日もお楽しみくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

ミルクティーとオートミールビスケット

2013'02.09 (Sat)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

英国の朝食によく食べられる「オートミール」。そのオートミールを使って作られたのが、「オートミールビスケット」です。英国のティータイムでは、よく食べられているお菓子だけに、ミルクティーとは抜群の相性です。

英国のブレンドティーには、アフリカ諸国の紅茶の産地が入っていますが、「アッサム」も英国のブレンドティーには欠かせない産地です。

20130207_01.jpg

現在進行中のマスタークラス「アッサム・ティーテイスティング」では、26種類のアッサムのテイスティングをしていただきます。

ストレートで飲むなら。ミルクティーなら。インドのチャイを作るなら。イングリッシュブレックファストのようなブレンドにするなら。なんて、考えながらテイスティングするのも楽しそう♪

これだけのアッサムのテイスティングをする機会は、そうありませんので存分に楽しんでくださいね。私もしっかり勉強します。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

大好きな「オペラ」

2013'02.08 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

ヴァレンタインデーが近いので、サロンでお出しするケーキもチョコレート系が増えています。先日のレッスンで生徒様が「ロワゾー・ド・リヨンさんのケーキはどれもおいしいですね♪チョコレートはいつも違う味でたくさん種類がありますね」なんておっしゃっていました。

私もリヨンさんのチョコレートケーキは大好き。どれもおいしくて1番を決めるのは難しいのですが、リヨンさんの「オペラ」はお気に入りのひとつ。普段紅茶を飲むようになり、コーヒーは日常で飲まなくなってしまいましたが、コーヒーの味のケーキとミルクティーを合わせるのがとても好きです。

20130205_02.jpg

中でもしっかりとしたチョコレートケーキにもよく合うのが「アッサム」。濃厚で力強い渋が、チョコの油分をしっかりと流してくれます。

アッサムの茶園は数多くあるため、香りやお味も違いがあります。Cha Tea紅茶教室では、甘い香りのあるリーフティーを扱っていますが、アッサムの中ではリーフティーの生産は非常に少ないため、とても貴重です。インドの中でもポピュラーに飲まれている「アッサム」は、国内消費も多い産地なので紅茶の加工もCTC製法という国内向けのものが多いのも実際です。

昨日から始まったマスタークラス「アッサム・ティーテイスティング」では、13種類のアッサムを軟水、硬水と計26種類テイスティングして頂いています。これからの皆さま、楽しみにしていてくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

天然のベルガモットの香り

2013'02.07 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

果物の旬を楽しむべく、サロンに届いた「ベルガモット」、フレーバードティーの中でも人気の高い「アールグレイ」の香りのもとになっているのが、ベルガモットです。

早速、ベーシッククラス「アイスティー」のレッスンで楽しみました♪

ベルガモットの皮の部分に、香りが含まれているので、グラスの周りに香りをふきつけ、果汁はセパレートティーに使いました。とても贅沢なアレンジティーが完成しました。絞っているときにもさわやかな香りが部屋中に広がり、天然のアロマに癒されました。

生徒様も大喜び。ちなみにグラスはオーストリアのアウガルテン社のカリガラスです。

20130206_01.jpg

数年前にはじめてサロンで天然のベルガモットが届き、紅茶に香りをつけたときの感動は忘れません。

一般的なアールグレイは、オイルを使っているので、ながくかいでいると飽きてしまうのですが、天然のベルガモットの香りは何度かいても飽きない香り。ベルガモットの皮に少し傷をつけ、香りをかいで楽しんでいます。

2月10日のアイスティーのレッスンにもお出しできそうですので、お時間の合う方はぜひこの機会にレッスンを受けるとラッキーですよ。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

テーブルウェアフェスティバル2013

2013'02.06 (Wed)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

2月4日から東京ドームで開催されている、「テーブルウェアフェスティバル2013」に、Cha Teaスタッフの美恵ちゃんと愛ちゃんと一緒に行ってきました♪

展覧会の会場では、グラスや陶磁器、和食器などを扱っているお店が、数多くが出店しています。
グラスでお世話になっている、ロブマイヤーの販売店「ロシナンテさん」、ジアンの陶磁器やモーゼルのグラスの販売店「明和セールスさん」、アンティークのレッスンでお世話になった「アンティークティアドロップ」の由美さんも、東京ドームに出店していますよ。

20130205_01.jpg

由美さんのブースは、東京ドームの出店に合わせてロンドンに買い付けに行かれたりしていただけに、とても素敵なものがいっぱい。クロスや食器、カトラリーなど、テーブルウェアの購入がまとめて出来機会ですので、目の保養とお買い物も楽しんで頂ければと思います。

もちろんテーブルのセッティングも見所満載でしたよ。有名人のテーブルセッティングは、とても人気があり、中でも今年は「今田美奈子先生」のテーブルは大人気でした。

興味のある方は2月14日まで開催していますので、足を運んでみてくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

基礎学習は応用に必ず必要な部分です

2013'02.05 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

週末のレッスンは、第1サロンと第2サロンとダブルでレッスンでした。
私は第2サロンを担当、アドバンスドクラス「アレンジを楽しむ~ホットティー」とベーシッククラス「ロイヤルミルクティー」のレッスンを行いました。

写真ではわかりにくいのですが、お写真のアレンジティーは、ロイヤルミルクティーの応用編でココナッツを使って作っています。こちらのアレンジティーの美味しさの秘訣は「適した茶葉セレクト」、「ベースのロイヤルミルクティーの作り方」にあります。これらの基本ができていないと、残念ながらアレンジティーのおいしさも半減してしまいます。


20130203_01.jpg

最後に作ったロイヤルミルクティーは、いつだったかしら?

残念ながら思い出せないくらい間があいてしまっているようであれば、まずはロイヤルミルクティーの復習からしてみてくださいね。それ以前に、紅茶の味が・・・という場合には、いきなりアレンジティではなく、1つ1つの産地のお味をストレートで飲み、それぞれの特徴を掴んでからチャレンジして下さい。

基礎がしっかりしていけば、例え失敗をした際にも、どの部分ダメだったのか、自分で原因がわかるようになるはず。まずは紅茶のお味を覚えて、色々なアレンジティーにチャレンジしてみてくださいね。

ホップ、ステップ、ジャンプ、飛び越さずベースの部分から紅茶を楽しんで頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

特別なティーカップでのお茶の時間

2013'02.04 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

午後のレッスンが終わり夜のレッスンまでの間は、ネットショッピングの配送の準備や茶葉詰め、次のマスタークラスのレッスンの準備など、意外と忙しいサロン。夕方のお茶も、仕事をしながらマグカップで・・・のことも多々あるのですが、少しでもまとまった時間が作れると、食器選びから楽しみます。

この日のテーブルの上には憧れのアウガルテンのグレープリーフの食器が並んでいました~♪いつ見てもアウガルテンの白磁は美しく、ベルヴェデーレ宮殿の屋根をかたどったヴベルヴェデーレシェイプが、また素敵なカップです。


20130131_03.jpg

せっかくのお気に入りのカップも、日常の忙しさで使えずに飾っているだけでは、もったいない。ほんの少しでも気持ちの余裕を作ること、これは日々を楽しく暮らすための課題かも。

紅茶は目でも飲むもの。美しいカップに囲まれると、紅茶の美味しさも自然にUPします。お休みの日や、時間が作れた日は、ぜひ食器選びからティータイムを楽しんでくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

テーマを持ってショコラを選ぶ

2013'02.03 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

金曜日、土曜日と2日間に渡り、ゲストにお菓子研究家の猫井登さんをお迎えしてのイベントが開催されました。
イベントは、バレンタインが近いこの季節にぴったり「ショコラ」について、たっぷりと語っていただきました♪本などではわかりにくい部分なども、細かくわかりやすく説明していただき、とっても贅沢なレッスンでした。生徒様の興奮ぶりもすごかった!猫井さん、ありがとうございました。

レッスンが終わった後は、もう衝動的にチョコレートが食べたくて(^_^;)帰宅後すぐに食べてしまいました。食べたのは「100%チョコレートカフェ」のチョコレート。

こちらのお店では、56種類のチョコレートが販売されていて、見ているだけでも楽しくどれにしようか迷ってしまいます。

20130201_01.jpg

並んでいるチョコレートはカカオ豆の産地、ミルク、砂糖、など色々な違いで分類されています。

今回気になったのは産地別の「タンザニア」「ウガンダ」「ジャワ」のチョコ。アドバンスドクラス「紅茶の産地~ケニア他」のレッスンでも出てくる産地です。同じ産地の紅茶を合わせて楽しめたら・・・と購入。

チョコレートではおなじみの「ガーナ」や生産量ではTOPの「コートジボアール」などの産地にも興味があります。紅茶と同じで、迷ったときには、まずはシングルビーンズの味から楽しんでみるのもいいですね。

他には、「メープル」「和三盆」「三温糖」「黒糖」などお砂糖の違うものや、紅茶好きにはたまらない「ミルクティー」や「和紅茶」など紅茶を使ったチョコレートなどもありますよ。56種類の中からテーマを絞って、チョコレートを購入するところから楽しんで頂きたいなと思います。

通常は京橋のお店ですが、バレンタインの期間限定ショップが、デパートの中にいくつか入っていますので、見かけたら手にとって見てくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

大好きなパリブレスト

2013'02.02 (Sat)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

Cha Tea 紅茶教室でお世話になっている「ロワゾ-・ド・リヨンさん」のケーキは、春・夏・秋・冬と季節によりラインナップが変わります。

秋・冬になると登場するのが、下の写真の「パリ・ブレスト」。ドーナツ型をしたケーキがカットされて販売されています。

1891年に、フランスでパリ~ブレスト間の1200kmを走るサイクルイベントが開催され、この競技の開催を記念して、外見を自転車の車輪に見立てたシュー菓子が作られました。それが「パリ・ブレスト」です。ケーキの形は車輪に見立ててあるんですよ。シュー生地の中はプラリネの濃厚なクリーム。ミルクティーにぴったりのケーキです♪

20130131_02.jpg

先日のアドバンスドクラス「紅茶の産地~ケニア他」のレッスンでは、こちらの「パリ・ブレスト」を召し上がって頂きました。生徒様が選んだウガンダケニアのミルクティーとも相性が良く、皆さま美味しいと笑顔のティータイムでした。アフリカ圏の紅茶はまだあまり知られていませんが、初めての産地に出逢うとワクワクしますよね。

私も紅茶教室に通い始めた頃は、「アッサム」と「ダージリン」以外の産地は聞いたことがなかったです。インド、スリランカの紅茶の味も覚えらいうちにアフリカ圏の紅茶も知り、「覚えるのが大変!」なんて思っていましたが、日常の中で楽しんでいると自然に覚えていくものですね。

この日は家族でも「パリ・ブレスト」を頂きました。食後ということもあり、さっぱりとウバのミルクティーであわせました。やっぱりおいしいですね♪夫も大好きなお菓子なので、ぺろっと食べていましたよ♪


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

人に伝えるパワー

2013'02.01 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

サロンがお休みの日、碧先生とミュージカルを観に行ってきました♪

ミュージカルが大好きな碧先生の影響で2年前から年に数回ご一緒させていただいています。今までミュージカルは、関心がなかったのですが、はじめて観に行ってからすっかりはまってしまいました。生で聞く音楽と歌の迫力は、いつ観に行っても感動します。

紅茶教室に通うことがなければ、きっとミュージカルを観に行く縁もなかったかもしれません。伝えてくれる人の言葉1つで「今までは興味がなかったけれど、楽しそう。私も行ってみたい」と言う気持ちになること。紅茶もミュージカルも同じだなと思います。自分の好きを人に共感してもらえるほど語れる思い。見習いたいなと思います。

おいしい紅茶を自宅で飲みたくてはじめた習い事でしたが、ミュージカルという私にとっては未知の分野の楽しさを教えてくれた碧先生に感謝です。

20130131_01.jpg

今回観にいった「シラノ」は、17世紀中頃のパリが舞台になっていて、時代的に言うとチャールズ2世の時代くらいです。時代背景がつかめると、衣装などにも共感でき、物語の内容もよりわかりやすくなりますね。

主演の鹿賀丈史さんの演技力と、濱田めぐみさんの抜群の歌唱力はとても素晴らしく、涙もろい私は目がうるうると感動しました。

最近見た映画ではアカデミー賞を受賞した「レ・ミゼラブル」の映画も、とても感動しこちらは大号泣。ミュージカルも楽しみです。何事も存分に楽しむために、予習復習も大事!?それまで「レ・ミゼラブル」のコンサートDVDを見て、予習しながら当日まで気分を盛り上げて楽しむことにします。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

 | HOME | 

プロフィール

*Ritsue*

Author:*Ritsue*
Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。教室では「りっつん」の愛称で呼ばれています。
紅茶・洋食器・英国菓子など、お茶周りに関するものが大好きです♪紅茶教室の講師の日常を綴ります

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。