紅茶の先生になりたい!~紅茶教室講師記録~

Cha Tea紅茶教室専属講師が綴る、紅茶日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本を押さえたらメニューの考案も楽しんで

2014'06.30 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

これからの暑い季節に大活躍なアイスティー♪
様々な産地の紅茶を使い分ければ、毎日飽きずに色々な味が楽しめます!

さらにステップUPした、アドバンスドクラスの「アレンジを楽しむ~アイスティー」では、フルーツや牛乳などを加えて味だけではなく、見た目の視覚効果もプラスして楽しんでいます。

20140630_01.jpg

アイスティーにフルーツが入るだけでぐっと贅沢感が増します。ただ、アイスティーに入れるフルーツにも向き不向きがあり、またフルーツと紅茶の相性もどれも合うわけではありません

紅茶の特徴やフルーツの特徴も掴んでいないと、出来上がった時にあらら・・・と残念な結果になることもあります。

せっかくのおいしいフルーツも紅茶も台無しになっては、もったいない。レッスンでは、そんなポイントを押さえて実際に作ったアレンジティーでティータイムを楽しんでいます。さらにここから新たな発想が展開すれば、また違ったアレンジティーのメニューが誕生します。この日の生徒様も皆様想像力がとても豊かで、色々な応用案が飛び交い、とてもにぎやかなティータイムでした。

経験を生かして、アレンジティーのメニューの考案も楽しんで頂けたら嬉しいです。もちろん、基本はしっかりと押さえておいしいアイスティーを作れるようになってから、ステップUPしましょうね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室
スポンサーサイト

パフペイストリーで作る「メイズ・オブ・オナー」

2014'06.29 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

ついつい苦手なものは後回しにしてしまいがちの私。お菓子作りでは特にパイ生地作りが苦手で、練習が必要なのにさぼりがち。気がつけば今年も半年が過ぎ、1日を無駄に過ごしては行けない!と気持ちを引き締め、サロンのお休みの日にチャレンジしてみました!

英国ではパイ生地のことを「パフペイストリー」と呼んでいます。今日はパフペイストリーを使った英国菓子「メイズ・オブ・オナー」を作ってみました。

20140628_02.jpg

バターが溶けないように生地にバターを折り込んでいきます。パイのサクサクの食感と層を作るのには、とても大事な作業。生地にバターを混ぜ1時間寝かせ、生地にバターを折り込んで三つ折りし、冷蔵庫で30分冷やすという作業を数回繰り返すので、生地ができるまでに3時間ほどかかります。

20140628_01.jpg

暑くなってきたのでバターがだれやすく、生地がうまく焼けるか心配でしたが、とても綺麗に焼けました。

食べたときのパイの食感もサクサクでいい感じでした♪この感触を忘れないうちに復習をし、さらに完成度を高めていきたいな。生徒様にお出しできる日がくるかも!?

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

アンティークロブマイヤー

2014'06.28 (Sat)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

2日間限定のイベント「アンティークロブマイヤー」
本当に素晴らしい作品ばかりで、生徒様も「ガラス越しじゃなくて見れるなんて、美術館以上!」と大感激でした。

20140627_01.jpg

カリグラスはクリスタルガラスに比べ、堅い素材の為カットに非常に時間がかかります。細かいカットの技術はその技法を知れば知るほど、本当に素晴らしいです。カリグラスの素材はカットに入り込み反射する光が優しいのも特徴。鉛クリスタルのような派手さはないのですが、清楚でとても心地が良い光です。

昼間の太陽光も綺麗ですが、夜に灯したキャンドルの光がまた美しく・・・。

20140627_03.jpg

なんて癒しの時間なのでしょう。朝から晩までサロンにいるとグラスの変化を見れて、贅沢気分です。

今日のレッスンが終わってしまうと、ロブマイヤーのグラスが撤収されてしまうのが、とても寂しいです。じっくりと目に焼き付けておかなくては!

20140627_02.jpg

貴重なアンティークガラスの数々。こんなに間近で見ることなどそうそうないですので、皆さまもじっくりと目に焼き付けて下さいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

まるごといちぢくロール

2014'06.27 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

サロンのお休みの日は、ほぼ家で過ごすことが多い私。最近は外出も控えめ。出かける場所も月に一度の観劇で有楽町におでかけくらい。先日のセミナーででかけた新宿も、久々のおでかけでした。

伊勢丹新宿に向かっている途中の地下道で見つけた、「まるごといちぢくロール」おいしそう~!と叫びながらも、後ろ髪をひかれつつ移動。

20140626_01.jpg

セミナーが終わって私はすぐにサロンに戻らなくてはならなく、参加して下さった生徒様ともあまりお話しできず、片付けもお願いしてダッシュでサロンへ帰宅。すべて片付けを終えて戻ってきた碧先生の手には、「まるごといちぢくロール」がありました!嬉しすぎます♪

「食べたそうだったから」・・・と。ちょっとした一言も覚えていてくれているのが、嬉しい。みんなでお疲れ様のティータイムをしましたよ。ああ、幸せです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

ブランドによる白磁の違いを楽しむ

2014'06.26 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

ティータイムの時、どのカップに紅茶を注ごうかな?とカップ選びに悩むことがあります。

紅茶の水色にあわせて選んだり、お菓子が映えるようなものを選んだりと、選び方も様々です。贅沢な悩みだな・・・と思いつつも、そんな時間が大好きな私です。

テーブルクロスが柄物だったりすると、カップの選び方はぐっと難しくなりますが、どんなものにでもなじむのが「白磁」です。

20140625_03.jpg

シンプルな色ですが、実は比べてみると色味の違いを感じる「白磁」でもあります。黄白色、青白色、など、原料の違いによって色味が変わります。また持った時の重さや質感も、各窯によって違います。

マスタークラス「白磁を極める」では、西洋の代表的な窯の白磁の特徴を学び、蛍光灯、白熱灯の明かりの下で色の変化など、たっぷり2時間白磁を極めたいと思います。

皆さまにもお気に入りの白磁が見つかりますように。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

銘品に感動 アンティークロブマイヤー

2014'06.25 (Wed)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

木曜日と土曜日の2日間限定で開催される「アンティークロブマイヤー」のイベントに、志村社長のご厚意で、素晴らしいロブマイヤーのグラスが、サロンにやってきました。ありがとうございます。

美術館で見るような作品ばかりで、もう目がクラクラしてしまいます。

20140625_02.jpg

「ウィーンの美術館でも、ロブマイヤー社本店でも、ガラス越しでしか見れなかったよ」と碧先生が言っていたように、本当に贅沢にこんなに近くで見ることが出きるなんて光栄です。

どこを見ても美しいアンティークロブマイヤーのグラス。また木曜日にサロンに出勤するのが楽しみで仕方ありません。

20140625_01.jpg

当日はロブマイヤーのグラスの販売もありますので、危険な誘惑もありますが、美しいロブマイヤー社のグラスを存分に堪能してくださいね。ロブマイヤー社の天野さん、2日間どうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

久しぶりの外部レッスン 今回は裏方担当でした

2014'06.24 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

サロンがお休みの月曜日の午後、伊勢丹新宿店のバンケットルームで「エインズレイで楽しむ英国式アーリーモーニングティータイム~朝時間を楽しむティーセミナー~」が開催されました。

最近、外部レッスンではサロンでお留守番が多かったので、私にとっては久しぶりの外部レッスンでした。碧先生がメインの講師を務め、シニアティーアドバイザーの飯島ゆきえちゃんが紅茶の淹れ方をデモンストレーション。私の役割は、20名様分のアフタヌーンティー用のお茶淹れ係でした♪

20140624_02.jpg

セミナーは定員20名だったのですが満席、更にキャンセル待ちも多数頂いていたとのことで・・・有り難い限りでした。

皆さん碧先生のいつものユニークな会話に、終始笑顔でメモを取っていました。

ティータイムには、この日のためにエディアールさんが考案して下さったの特別メニューを楽しんでいただきました。エリザベスローズの「B&Bプレート」にフードが盛りつけられると、すごくかわいい♪テーブルに運ばれると、皆さまのテンションがUP。

20140624_01.jpg

今回は、こちらのB&Bプレートがお持ち帰りできるというお得な講座でした。ぜひ、ご自宅でもB&Bプレートでティータイムやお食事など楽しんでくださいね。

参加してくださった皆さま、イベントを企画して下さったエインズレイ社の皆さま、そして伊勢丹デパートのスタッフの皆さま。ありがとうございました。 

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

「ティーバッグ」or「ティーパック」??

2014'06.23 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

「ティーバッグ」or「ティーパック」皆さんはどちらの名前で呼んでいますか?

紅茶教室で学ぶまでは、「ティーパック」と思っていましたが、こちらは和製英語になるそうで・・・正しくは「Tea Bag」ティーバッグと呼ぶのが正解

20140621_01.jpg

わかってはいるのだけれど、長年のクセでついついティーパックと呼んでしまったりする私です。

最近ではティーバッグの形も、丸型、四角形、三角形と色々な形があり、また引き上げの紐ひもがないものと多種多様ですが、サロンで販売しているティーバッグは、新鮮な紅茶をソイロン素材の三角形のティーバッグに詰めています

20140623_01.jpg

最近では、新茶で入荷したばかりの「ダージリン・ファーストフラッシュ キャッスルトン茶園」「ネパール ジュンチャバリ茶園ハンドロールティー」などのリーフティーを、贅沢にもティーバッグにも加工しました。
手軽でおいしい紅茶が淹れられるのは、とても嬉しいです。

こちらはCha Teaのネットショップでも販売しております。忙しいときにも、手軽で美味しい紅茶を楽しんでくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

紅茶ブランドのエコバック

2014'06.22 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

週末のサロンのレッスンは午前中は第一サロン、午後は第二サロンでのレッスンでした。レッスンに必要なグッズやお菓子を持って、スタッフが第一サロンから第二サロンへと移動します。

荷物の持ち運びにサロンで大活躍なのが英国製の紅茶ブランドの「エコバッグ」

碧先生が英国へ研修に行くたびにエコバッグを買ってきてくれています。サロンでは、第一サロンと第二サロンの移動だけではなく、外部レッスンの時にも荷物の持ち運びに使っています。

素材にジュートと呼ばれる麻を使っていて丈夫で、持ち手が長いので肩にかけられて、重い荷物を運ぶ時にも使いやすいので、大変重宝しています。もちろん見た目の可愛さも大切♪

20140621_01.jpg

写真のエコバッグは、英国の紅茶ブランドでも有名な「Whittard」のもの。ティーバッグの形をしていて、紅茶の国ならではのとてもかわいいデザインです。第二サロンでのレッスンが「ティーバッグ」で、エコバッグの中身はティーバッグに必要なグッズなどを入れていましたよ。

こういうちょっとした繋がりが、また楽しいですね♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

台湾 迎香紅茶

2014'06.21 (Sat)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

先日、台湾の茶農家さんに紅茶作りに行かれた碧先生の旦那様。私はここ数年なかなか参加できずにいるのですが、旦那様は毎年行っている!?今年はひとりで行かれました。

台北の坪林からはじまり、台南の花蓮にも行き、そして今回の行き先は台湾の北東にある宜蘭縣。

今回行ったところでは、「迎香紅茶」を作っているのだとか。台湾の茶の品種は、1号から21号まであります。台茶20号から作られる迎香は2004年に認定されました。

20140620_01.jpg

今までは包種茶で作られており、紅茶を作るようになったのはここ数年。とても貴重な「迎香紅茶」を茶農家さんから分けいただきました。

数量限定でサロンで販売しておりますので、興味のある方は声をおかけ下さい。とてもおいしかったですよ♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

素地の美しいグラスやカップ

2014'06.20 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

夏のような暑さを感じる日が何日か続いていますが、そんな日にはレッスンの時に水出しの紅茶を生徒様にお出ししています。ロブマイヤーのアルファタンブラーに水出しを注いでみると、光の加減でグラスの底にお花のような形ができて、かわいい!思わずカメラでぱちりと写真を撮りました♪

20140619_02.jpg

いつも使っているものでも、ちょっとした光の加減で見え方が変わるので面白いですね♪

同じようにアウガルテンのティーカップも、素地が薄くて美しいのですが明るい陽ざしを通すと更に、カップの透けた感じがとてもはかなげでとても美しくて大好きです。

20140619_01.jpg

天気の良い日のゆとりのある時間にはアウガルテンのティーカップを使いたくなります。

これだけで幸せなティータイムです。皆さまもぜひ、ティータイムの時にちょっとした幸せを見つけてくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

とびきりのアイスティーを楽しむ

2014'06.19 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

ベーシッククラス「アイスティー」のレッスンでは、様々なこだわりのグラスでティータイムを楽しんでいます。

下の写真、奥は陶磁器メーカーでも有名なオーストリアの>「アウガルテン」 アウガルテンの繊細なカップに見合うような、薄く可憐なグラスです。

20140618_01.jpg

「リーデル ソーヴィニヨン・ブラン」 のグラスは、異なるワインの品種に合わせて作られたもの。清涼感のある香りと酸味をもつ白ワインに最適。紅茶なら標高の高いヌワラエリヤやダージリンなどすっきりとした産地の紅茶をおいしくいただけます。

「ミントン ヴィクトリア&ストロベリー」 ティーカップにもあるデザインヴィクトリア&ストロベリーの柄がグラスにもデザインされています。装飾、形状、口当たりとそれぞれの特徴が違いますが、それぞれに魅力があります。

生徒様と一緒に、グラスを楽しみながらおいしくアイスティーを頂いています。中国のキームンで作るセパレートティーは、いつも大好評♪これからの暑い夏をおいしいアイスティーで乗り切りましょうね。

グラスについて興味がある生徒様は、アドバンスドクラス「グラスの基礎」をぜひご受講下さい。きっと、より美味しいアイスティーに出会えると思いますよ。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

生徒様同士のコラボレートイベント

2014'06.18 (Wed)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

紅茶教室へ通うきっかけは、生徒様それぞれみんな違います。

「おうちでおいしい紅茶を家族と楽しみたい♪」と、私のように趣味として通われる方もいれば、碧先生のように「友人の付き添いのつもりでなんなく」という方も。

中には「いつか自宅でサロンを開きたい」「いつかカフェを開きたい」と、ご自身の夢のために通われる方もいらっしゃいます。

趣味から始まってレッスンに通っているうちに、いつしか「夢」を持つ方もいます。私はそれが「紅茶の先生」でした。

今現在もサロンの在校生で、浜田山でティールームを運営している真弓ちゃんは、お教室に通っているうちに、「いつか自分の好きな紅茶と洋食器が楽しめるティールームを開きたい」という夢を持たれました。

20140121_01.jpg

そんな何年もあたためていた夢のティールームを昨年実現されました。偶然、同じ浜田山にお住いの在校生で自宅サロンを主宰されているシニアティーアドバイザーの和子さんとご縁が繋がり・・・お二人が一緒に楽しいイベントを企画されました。

なんて素敵なコラボレートレッスンなのでしょう♪ぜひ、ご興味のある方はご参加してみて下さいね。

「紅茶でおもてなし講座」~夏を楽しむアイスティーバリエーション~
*日時:7月8日(火)10時~12時/13時半~15時半
* 参加費:4000円 ランチ付(特製アフタヌーンティープレート)
* 場所:ベリーズティールーム店内
* 講師:柴田 和子(しばた わこ)  
「ティーガーデン ロッサクララ」会員制おもてなし紅茶教室主宰
Cha Tea紅茶教室シニアティーアドバイザー

お問合せ・お申込はベリーズティールームまで。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

NHKの総合テレビ『花子とアン』に夢中

2014'06.17 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

3月から始まったNHKの総合テレビ『花子とアン』の連続テレビ小説。

花子とアンの物語の中には、赤毛のアンの中に出てくるエピソードなどがちらほらと仕込まれています。花子の祖父の周造の名前は「マシュー」から。幼なじみの朝市の母親のリンは、「リンド夫人」と赤毛のアンの中に出てくる登場人物の名前をもじっていたりします。

20140616_05.jpg

赤毛のアンの物語の中で有名なシーンが、アンが親友のダイアナにお茶会でイチゴ水と間違ってぶどう酒を飲ませてしまったシーンは、友人の蓮子さんにぶどう酒を飲まされた花子が酔ってしまい、危うく学校を退学になってしまうという大事件に脚色されていたり・・・赤毛のアン好きならば「あ、あのエビソートをもじったのね」と気付く楽しさがあります

オープニングでは「赤毛のアン」の物語の舞台になっている、カナダのプリンスエドワード島の美しい風景と共に、赤毛のアンの家のモデルになっているグリーンゲイブルズを見るたびに、まだ未完成の「ドールハウス」も思い出します・・・。

20140616_03.jpg

ディアゴスティーニの赤毛のアン全100号を、かれこれもう2年以上もかけて作っていますが、残すところあと10号ちょっとになりました。現在内装はほぼ出来上がり、外装に取り掛かっています。ようやく完成が見えてきました♪

今月中に完成する予定!こぴっと頑張ります!

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

マスタークラス「ベッドフォード公爵家」のレッスン

2014'06.16 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

アフタヌーンティー発祥の地は英国のカントリーハウス「ウーバンアビー」と言われています。

最初にアフタヌーンティーの習慣をはじめた、第7代ベッドフォード侯爵夫人アンナ・マリア。1840年頃に、この館でアンナ・マリアが夕食までの空腹に耐えきれず、17時頃にバター付きのパンとお茶をいただいたのがアフタヌーンティーの始まりと言われているんですよ。

20140616_01.jpg

今現在は15代目まで続いているベッドフォード公爵家。13代目の時からウーバンアビーの館は一般公開されるようになりました。現在では年間160万人も観光客が集まる人気スポットでもあります。

その敷地面積は日本の皇居の10倍ほどもあるというので驚きの広さです。敷地内にはたくさんの鹿が放牧されており、ウーバンアビーが描かれるときには一緒に鹿も描かれていることが多いのもポイント。

20140616_02.jpg

ウーバンアビーでのアフタヌーンティーは、憧れです。

今回のマスタークラス「ベッドフォード公爵家」のレッスンで益々行きたくなりました!初代から15代目までの肖像画からベッドフォード公爵家の歴史をすべて楽しめそうです。いつか行ける日を夢見て♪ティータイムでの旅気分を楽しみます。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

紅茶でよみとく英国文化史 共和制~ヴィクトリア朝前期の紅茶史

2014'06.15 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

今月は、外部レッスンがいっぱい。
土曜日にはTBSハウジング渋谷でのイベント『英国茶器で楽しむアフタヌーンティー講座』が開催されました。生徒様のなかにも、ご参加下さった方が!午前中に展示場でのイベントに参加された後、すぐにサロンへ移動しマスタークラス「ベッドフォード侯爵夫人」のレッスンを受講され・・・1日紅茶を満喫されていましたよ!

7月9日から始まる早稲田大学エクステンションセンター中野校でのセミナーにも、「申し込みをしました~」となんて生徒様も。勉強熱心な生徒様の姿勢に、とても刺激を受けています。私もさらに自己学習を深めなくては!

20140615_01.jpg

「紅茶でよみとく英国文化史 共和制~ヴィクトリア朝前期の紅茶史」
曜日 水曜日/時間 10:30~12:00/全8回
場所 早稲田大学エクステンションセンター中野校

1 07/09 英国の喫茶始め コーヒーハウス
2 07/16 宮廷喫茶の発展~王妃たちの茶会
3 07/23 紅茶小売り店の誕生 トワイニング社の誕生
4 07/30 密輸茶とティーガーデンの発展
5 08/06 茶論争とアメリカでの喫茶普及
6 08/27 茶税問題 ボストンティーパーティー
7 09/03 禁酒運動とインドでの茶栽培
8 09/10 公爵夫人のアフタヌーンティー(ティータイム付き)

お申込はこちらから https://admin.wuext.waseda.jp/course/detail/4172/

30名定員のところ、あと数席の模様です。増席を検討してもらっていますが、確実に参加されたい方はお早めにご検討下さい。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

カルピスバターでヴィクトリアンサンド

2014'06.14 (Sat)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

英国菓子を専門に作られているプロの方がたくさんいるなか、まだまだひよっこの私が手作りのお菓子を人様にお出しするのには恐れ多いのですが、「おいしくな~れ♪」と気持ちはめいっぱい込めて作っています

ベーシッククラス「ティーパーティーの開き方」でお出ししているヴィクトリアサンドイッチケーキも、レッスンで皆さまに食べて頂いているおかげで、これまでにたくさん作ってきました。バターの配合なども変えつつ、進化し続けているヴィクトリアサンドですが、今回はバターに「カルピスバター」を使ってみました。

20140613_01.jpg

カルピスバターは、カルピスを作る工程で牛乳から乳脂肪を分離するときにできる脂肪分から作られます。約30本分のカルピスから450gのバターしか作れないので、大量生産ができないバターなのだそうです。バターの色は白く、とてもクリーミーです。

カルピスバターで作るヴィクトリアサンドの生地は、オーブンで焼くところから優しく甘いバターの風味が漂い、なんていい香りなのでしょう♪焼いている段階から食欲をそそられます。

20140613_02.jpg

焼きあがりもとてもきれいなお色です。ジャムには山田詩子さんお勧めのカレルのオリジナルジャムをはさみましたよ。

作ってすぐに食べるよりも少し寝かせてから食べる方がおいしいので、こちらのケーキは日曜日と火曜日のレッスンでお出しいたしますのでお楽しみに。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

ダービービスケット♪

2014'06.13 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

ティータイムのお菓子に、またまた山田 詩子さんの「ティータイムのイギリス菓子」の本から、ダービービスケットを作りました♪英国のダービーシャーの伝統的なお菓子。

サクサクのビスケットにカランツの甘酸っぱさとビスケットの甘さのバランスが、とても良い感じ。詩子さんお気に入りのお菓子というだけに、とてもおいしい♪

20140610_05.jpg

食べ比べをしようと、カレルチャペックでも販売しているダービービスケットも購入。比べてみると生地が少し薄かったみたいです。レシピに、生地を2㎜とか3㎜とか書いてあるのですが、この厚さの調整が難しい。いつも厚さがバラバラになってしまいます。

厚さに合わせてバーを使ってめん棒で生地をのばしているのに~。経験と感覚がまだまだのようです。バーを使わずに生地の厚さを調整できるようになるまで、道のりは遠いですが、美味しい物を目指してがんばろう

ダービービスケットを作ってみたい方は、「ティータイムのイギリス菓子」の本を参考にしてください。作るのが苦手な方には、カレルチャペックでも販売していますよ~。

ミルクティーにとても合うお菓子ですが、軽い感じなのでディンブラやダージリンセカンドフラッシュのストレートもおいしそうです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

大学で紅茶の勉強はいかかですか?「紅茶でよみとく英国文化史」

2014'06.12 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

6月10日からオープンカレッジのお申込が開始になりました。場所はJR中野駅にある早稲田の建物です。

・飲む紅茶についての知識は持っているけれど、文化面には自信がないという方
・紅茶よりコーヒーが好きだけれど、カップが好きという方
・はたまた、英国の歴史や雰囲気が大好きという方
・何か新しい学び事を探している方

どんな方にも楽しんで頂ける内容になるのではないかと思います。全くの初心者の方、紅茶勉強経歴がある方、他のスクールに現在通われている方、もちろん卒業生も参加可能です。

詳細 http://tea-school.com/event/event_img/P1510821.jpg

「紅茶でよみとく英国文化史 共和制~ヴィクトリア朝前期の紅茶史」
曜日 水曜日/時間 10:30~12:00/全8回
場所 早稲田大学エクステンションセンター中野校

1 07/09 英国の喫茶始め コーヒーハウス
2 07/16 宮廷喫茶の発展~王妃たちの茶会
3 07/23 紅茶小売り店の誕生 トワイニング社の誕生
4 07/30 密輸茶とティーガーデンの発展
5 08/06 茶論争とアメリカでの喫茶普及
6 08/27 茶税問題 ボストンティーパーティー
7 09/03 禁酒運動とインドでの茶栽培
8 09/10 公爵夫人のアフタヌーンティー(ティータイム付き)

お申込はこちらから https://admin.wuext.waseda.jp/course/detail/4172/

chatea_jacket_01.jpg



にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

横浜山手西洋館「花と器のハーモニー」

2014'06.11 (Wed)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

6月7日(土)~6月15日(日)まで開催している、横浜山手西洋館「花と器のハーモニー」

先日、うんたろうのセミナーが行われたイギリス館の他にも、様々な場所で「館・花・器」のコーディネートが楽しめます。
私たちは、イギリス館だけしか見ていないのですが、ひとつの館だけで十分に満足できる素敵なコーディネートでした。

20140610_02.jpg

先日「英国紅茶の歴史」の出版記念で碧先生がトークショーをさせていただいた会場でもある、ジェオグラフィカさんの家具も搬入されて、家具があるとぐっと雰囲気がUP。所々に小関先生が扱っているグッズなどもあり、とてもテンションがあがりました♪

20140610_04.jpg

テーマに沿い、フレッシュのお花が、これでもか!というくらい贅沢に飾られていて、部屋中に花の香りが充満していました。

その上、ヘレンドの食器にロブマイヤーのグラスなどが素敵にディスプレイされ・・・センスの良いコーディネートに、もう、もう、うっとり♪とても素敵でした!

20140610_03.jpg

ディスプレイに使われていたヴィクトリアサンドイッチ、スコーン、カップケーキなど、英国のお菓子もとてもおいしそうでした。

すごく素敵な世界でしたので、ぜひぜひ、お時間のある方はイギリス館に行ってみて下さいね♪カメラは必須ですよ-。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

友人の紅茶レッスンに参加して

2014'06.10 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

サロンのお休みの日に、碧先生とたまえ先生と横浜のイギリス館へおでかけしてきました。紅茶教室の講師を務めるようになってからは、ほとんど参加することがなくなった外部での紅茶セミナーですが、今回ティーインストラクターのうんたろうのセミナーに参加させていただけることに。

うんたろうが講師をしている姿を見るのは、初めてでしたのでとても新鮮でした。うんたろうの邪魔にならないように、静かにしていましたよ。

うんたろうのレッスンは挨拶のところから、とても勉強になりました。立ち姿、一語一句、聞き取りやすいようにゆっくりと話すところ。自分がどのような活動をしているのかなど、丁寧に話しをしていたことも印象的でした。通常サロンで、顔見知りの生徒様を対象にレッスンをすることの多い私には、最近欠けていた感覚です。

20140609_04.jpg

そして次から次へと回ってくる紅茶グッズ。どこにそんなに隠していたの!?と驚くほどの量でした。

外部レッスンは、持ち込みのものも多くなり紅茶を淹れるお道具だけでもいっぱいになります。それにプラスして、この紅茶グッズの量。こんなに持ってくるの大変だったでしょう!と思わず聞いてしまいました。

「大変だけれど、皆さん喜ぶでしょ」とうんたろう。持ち運ぶ労力も惜しまず、皆さんを喜ばそうと思う気持ちがひしひしと伝わりました。おいしい英国菓子に、紅茶も国内では販売していない英国の紅茶を、ティーカップで5杯もサービスしてくれました。もうお腹がいっぱい。うんたろうの真っ直ぐ紅茶への愛を感じたレッスンでした。

たまにはこうして外部のレッスンで、自分を振り返り見直すのも大切ですね。うんたろう先生、ありがとうございました。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

1枚のアンティーク画から読み解く歴史

2014'06.09 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

1枚のアンティーク画から読み解く歴史。

最初は、こんなに古いアンティーク画があるんだ~。すご~い!とただ関心するばかりでした。知識がない時は、ただ見るだけでしたが、紅茶の歴史や陶磁器、茶道具の歴史の基礎を学ぶと、絵の中から時代背景などが少しずつ読み取れるようになりました。今まで学んだ知識が結びつく・・・面白い感覚です。

よくよく考えれば、100年以上前のティータイムのアンティーク画を見ることができるだけでも、大変貴重なことなんですよね。サロンでアンティーク画を扱うようになってみると、紙ものは、劣化もしやすくもろいものなので、中には紙がパラパラと崩れてしまうものもあるので、特にそう思うようになりました。ですので、扱うときは、とても慎重になります。

20140609_01.jpg

ちなみに、こちらのアンティーク画は「ジャポニスム」が流行した頃のアフタヌーンティー。

団扇をあおぐ女性の後ろには、シダの植物や屏風など日本風のものがちらほら見えます。後ろをよ~くみると団扇と扇子も壁に飾られています。こうしたことから、ジャポニスムが流行した1800年代後半のアンティーク画・・・と推測できます。暖炉の上に飾ってある植物を育てるためのガラスのケースも、この時代の流行です。

まだまだ勉強中の身ですので、わからないことも多々ありますが、また何年か後かに同じアンティーク画を見直したときに、新しい発見ができるといいなと思います。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

やりがいのある紅茶の歴史のレッスン

2014'06.08 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

Cha Tea紅茶教室のレッスンで「ベーシッククラス6講座」「アドバンスドクラス20講座」を中心にレッスンを担当させて頂いていますが、何回講義していても難しく、そしてその分講義のしがいがあるのが「紅茶の歴史」のレッスンです。

私自身、歴史が苦手だったため、最初は興味があまり持てなかったレッスンでしたが、受講してみたら意外に面白い!と、目から鱗。碧先生のお話にのめり込み、それからは歴史に抵抗感がなくなりました。

このレッスンを受講して、歴史の面白さを知ったからこそ、紅茶の世界だけではなく「西洋史」「洋食器」「美術」と様々な分野にも興味を持つようになりました。そして、おいしい紅茶を淹れられるだけではなく、日々の生活の楽しみが増えたことが、紅茶教室に通って本当に良かったと・・・という気持ちに繋がりました。

20140607_03.jpg

生徒様の中にも、昔の私と同じように、歴史に抵抗感がある方もいるかも知れません。

しかし、今まで興味のなかったものも、何がきっかけで変わるかはわかりません。私の講義から、紅茶の歴史の学びの楽しさを知って頂ければ、嬉しいなと思っています。そのため、ひとりでも多くの方に歴史に興味を持っていただけるよう、楽しいと思っていただけるよう、日々初心を忘れることなくレッスンさせて頂いています。

「学生時代の歴史は苦手でしたが、今日の歴史のレッスンとても面白かったです」
「りつえ先生が紹介してくれた歴史の本面白かったです」


そんな感想を生徒様から頂けると、本当に嬉しく思います。分かりにくかったところがあれば、遠慮なく質問もして頂ければ嬉しいです。さて、次の歴史のレッスンはいつかな-?

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

ベッドフォード公爵家

2014'06.07 (Sat)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

新しいマスタークラス「ベッドフォード公爵家」がスタートしています。

20140607_02.jpg

アフタヌーンティーの習慣をはじめたのが、7代目ベッドフォード侯爵夫人アンナマリア。

今回は、そのアフタヌーンティーの習慣を生み出した「ベッドフォード公爵家」について学んでいきます。ベッドフォード公爵家の歴史は古く、500年以上前から学んでいきますよ。

20140607_01.jpg

ティーガウンを着た奥様も一緒に、アフタヌーンティーを楽しんでいますよ
。レッスンでは現在のベッドフォード公爵家の館と、200年以上前のまだ増築される前のアンティーク画も見て頂きますのでお楽しみに♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

TBSハウジング渋谷 センターハウスでアフタヌーンティー

2014'06.06 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

今月は、通常のレッスンの他にも外部でのイベントがいっぱい♪

来週の6月14日(土)に開催される『英国茶器で楽しむアフタヌーンティー講座(軽食付)』、こちらのレッスンでは、産地の紅茶をご紹介し、美味しい紅茶の入れ方・マナーを学んだあとに、エインズレイ社の食器でアフタヌーンティーを楽しんで頂きます。

20140603_01.jpg


ご興味、お時間のある方はぜひご参加してみて下さい。とてもお得なセミナーですので、少しだけ紅茶に興味がある・・・というお友達も誘いやすいと思います。ティータイムのスコーンは私が作らせて頂きますのでよろしくお願いいたします。

■開催日時:2014年6月14日(土)
①11:00~12:30 ②14:00~15:30

■場所:TBSハウジング渋谷 センターハウス

■参加費:1000円(税込)

■お申し込み・お問い合わせ先:お電話でご予約ください。
03-3409-6966 〈営業時間 10:00~18:00〉

詳細は、TBSハウジング渋谷ウェブサイトで。
http://shibuya.tbs-housing.com/event.html

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

キャッスルトン茶園 DJ7

2014'06.05 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

紅茶の生産量が少なく貴重なダージリン。長く寒い冬を超えてゆっくりと育った小さな緑の葉から作られた春摘みの紅茶「ダージリン・ファーストフラッシュ」。

体験レッスンに参加された方が、ファーストフラッシュの香りを嗅いで「香りを表現するのは難しいですが、例えるなら若葉のような香り」なんておっしゃっていましたが、まさにその通り!春を感じる紅茶です。

20140604_01.jpg

ダージリンは今年は雨に恵まれず、生産量が昨年の6割程度に低迷。そのため、今年最初に入荷したダージリン・ファーストフラッシュDJ1の価格も高騰し、ここ数年ずっと維持してきた価格をやむなく値上げ致しました。しかし、よそも同じ状況なので・・・ありがたいことに、こちらは完売。

第二弾で入荷したのが「キャッスルトン茶園 DJ7」、価格は安いのですが、驚くほどおいしくて感激。渋もやわらかく、甘くさわやかな香りがし、何杯でも飲みたくなるお味でした。贅沢にアイスティーにしてもおいしいかも♪と妄想を膨らませています。

サロンとネットでの販売もしておりますので、また違うファーストフラッシュのお味をお楽しみください。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

私自身に興味を持ってもらえるように・・・

2014'06.04 (Wed)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

先週、磯淵先生と詩子さんがサロンに来てくださってから1週間が経ちました。

自分には何が出来るのか?自分の強みは何か?自問自答する日々が続いています。考えるだけで終わるのではなく、目的を見つけ行動し結果を出さなくてはと思うと、もう1週間が過ぎてしまったと焦ります。

ティーインストラクターのうんたろうのおかげで、これまでにもたくさんの素晴らしい方々をご紹介して頂きました。これは碧先生が頑張ってきたことが、うんたろうや、周りにも評価をされたのに過ぎない・・・。

自分自身が評価され、「りつえさんに紹介したい」と言われるためには、自分ももっとがんばらなくては!と思っているところに、またまたうんたろうがビックゲストを連れてきてくれました。

20140406_01.jpg

紅茶の講師をされている川谷眞佐枝先生。紅茶だけではなく中国茶にも精通されていて、中国、インド、スリランカ、ネパール、ベトナムなど世界の紅茶の産地を数多く旅されています。少しお話を伺っただけでも、底知れぬ知識の深さを感じます。

偉大な先輩方に追いつくことができるとは思っていませんが、少しでも近づけられるよう、私自身に興味を持ってもらえるよう学びを深めていきたいと思います。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

「エインズレイ」で楽しむ英国式アーリーモーニングティータイム

2014'06.03 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

皆さんが朝起きて、一番最初に飲む紅茶は何ですか?

私の今朝の紅茶は、ダージリンオータムナルでした♪少しぼーっとしていて、でも朝からやることはいっぱい。きりっと渋のある紅茶で気を引き締めつつも、少し癒しも・・・と、ダージリンの中でも香りの優しいオータムナルを頂きました。

ティーカップではありませんが、お気に入りのマグカップで朝のちょっとしたティータイムが幸せです。

6月23日(月)に伊勢丹新宿で開催される「エインズレイ」で楽しむ英国式アーリーモーニングティータイム、こちらのセミナーは、まさに朝時間を楽しティーセミナーです。

20140603_01.jpg

当日はティータイムで使用した>「エインズレイ エリザベスローズB&Bプレート」がお土産としてお持ち帰れます

上の写真はサンドイッチプレートですが、同じ柄のプレートになります。私も参加したい~!お申込みされる方は、下記にご連絡ください。

お申込はエインズレイ・ジャパンカスタマーサービスへ
TEL: 042-440-2566 10:00-17:00(土日祝定休)
詳細は http://www.aynsley.co.jp/news/pdf/20140623teaseminar.pdf

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

「ティータイムのイギリス菓子」からクランペットを

2014'06.02 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

先日、山田詩子さんにサインして頂いた「ティータイムのイギリス菓子」の本。以前から持っていて、参考にさせて頂いていました。

どれもこだわりのレシピで、自信作だと思うのですが、せっかくご本人にお会いできたので、このような質問はどうなのかしら?と思いつつも、この本の中で特に詩子さんのお気に入りのレシピを聞いてみました。本当に気さくな方で、快く答えてくれました。

20140601_01.jpg

早速お勧めの「クランペット」を作ってみました♪もちもちの食感が大好きで良く作るのですが、いつも使うのは強力粉を使ったレシピなのですが、こちらのレシピは薄力粉を使っています。作って見てびっくり。薄力粉でも、もちもちの食感が楽しめました。

クランペットは、そのものに味はないので、はちみつやマーマレード、レモンカードなど色々なものと一緒に楽しみます。私は、はちみつやゴールデンシロップなどで甘くして、ミルクティーと一緒に頂くのがお気に入りです。

おいしいものをとことん追求している詩子さん。お店で扱っているジャムがとてもおいしい!と大絶賛しておりましたので、こちらは早速お取り寄せしてみました。こちらはまた後日ご紹介いたしますね。

クランペットを作ってみたい方は、ぜひ詩子さん本を参考に作ってみて下さいね。


ティータイムのイギリス菓子ティータイムのイギリス菓子
(2003/11)
山田 詩子

商品詳細を見る


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

紅茶専門店「カレルチャペック」の山田詩子さん♪

2014'06.01 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

磯淵先生がサロンに遊びに来てくれた日、実はもう1人ビックグゲストがいらしていました。紅茶専門店「カレルチャペック」の代表の山田 詩子さんです。

20年以上も紅茶の道で活躍されている方に、1日に2人もお会いできるなんて・・・。

20140531_06.jpg

かわいらしいイラストとは裏腹に、とてもパワフルな詩子さん。私はお会いしてからお別れするまで、終始圧倒されっぱなしでした。

ひとつのことを徹底して考え抜き、その時の最善を尽くす。誰かがやっていることを真似るのではなく、常に誰もやっていないことを発案する「常に紅茶のことばかり考えている」と率直におっしゃっていました。

そこに命を賭けている・・・そんな強さが、誰にも揺るがない詩子さんを作り上げているんだなと感じました。とにかく、自分の強い意志を持った素敵な方でした。

20140531_05.jpg

所持していた詩子さんの本にサインをお願いしたところ、とても快く引き受けて下さいました。それも似顔絵をその場で書いてくださり・・・。感激です!とてもかわいらしく書いてくださいました。ありがとうございます。

磯淵先生と詩子さんにお会いして、人の真似ではない自分の強みや個性を持つことは、とても大切なことだなと実感しました。次にお会いできる時には、少しでも成長して恥ずかしくない自分でありたいと思います。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

 | HOME | 

プロフィール

*Ritsue*

Author:*Ritsue*
Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。教室では「りっつん」の愛称で呼ばれています。
紅茶・洋食器・英国菓子など、お茶周りに関するものが大好きです♪紅茶教室の講師の日常を綴ります

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。