紅茶の先生になりたい!~紅茶教室講師記録~

Cha Tea紅茶教室専属講師が綴る、紅茶日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテリアの専門家にアドバイスを頂いて!

2014'07.31 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

Cha Tea紅茶教室のサロンには、碧先生を通じて色々な方との出会いがあり、刺激の多い日々を送っています。

先日サロンに遊びにいらしてくれた藤岡さんは、主婦の友社で22年間、雑誌編集者として修行された後、インテリア誌「PLUS1LIVING」や「BonChic」の編集長として5年務められていたとのこと。

仕事柄、たくさんのお宅を訪問しているだけに、インテリアについての知識は素晴らしいです♪

20140731_01.jpg

今現在はインテリア&ライフスタイルのフリーエディターとして活動されている藤岡さん。

第2サロンの責任者として任されている私ですが、どうしたらもっと第2サロンのお部屋が素敵になるのだろうか?と考えるのですが、なかなかうまくいかず・・・思い切って、今度ぜひ第2サロンのインテリアのアドバイスをしてください!とお話したところ、快く引き受けてくれました。

藤岡さんのアドバイスはもう目からうろこ!感心するばかりでした!

部屋に入った時の人の目線が集まるところのポイントをどうするか。色はどのような色がしっくりと落ち着くのか。部屋で気になっているところを質問すれば、納得のいく答えがどんどん返ってきます。

これからの第2サロンの部屋づくりがとても楽しみになりました!まずは、出来るところは早速取り掛かりたいと思います。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室
スポンサーサイト

レッスンで習っただけではもったいない!

2014'07.30 (Wed)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

毎日暑い日々が続いていて、ますますアイスティーを飲む機会が増えています。水分を欲しているときには、いつも以上にアイスティーがおいしく感じられます。

そのままでも十分においしいアイスティーですが、アドバンスドクラス「アレンジを楽しむ~アイスティー」と「紅茶とハーブ」のレッスンでの学びを応用して、ハーブを使ったアレンジティーを作ってみました

20140730_01.jpg

ベースはインドのニルギリの紅茶に、アップルミントとスペアアミンとを一緒に抽出。すっきりとしたベースのアイスティーが出来上がりました♪あとはグラスにカルピスを注いで、アイスティーを注ぐだけ。

とっても簡単なアレンジティーの完成です!お味も想像通りのものに出来上がり、すっきりおいしくいだただきました。

レッスンで習っただけではもったいない!ぜひ、実践してみなさまもこの夏は、アイスティーづくりを楽しんでみて下さいね♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

丸子ティーファクトリーでの研修

2014'07.29 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

ランチを食べた後は、バスで製茶工場へ移動です。
限られた時間で、帰りには作りたての紅茶を持って帰れるようにと、丸子ティーファクトリーの皆様が準備万端で迎えて下さりました。

20140729_02.jpg

製茶工場に着いたら、すぐに作業開始です!

まずは萎凋された茶葉を、揉捻機に入れ葉をもみ込んでいきます。機械が動き始めると、みんなから歓声が。写真ではなく直に揉捻機が動いているのを見て「こんな風に動くのね~、すごい!」とみんな揉捻機にくぎ付けでした。

だんだんと青っぽい香りから甘い香りへと変化をし、その香りの変化を感じられたことにもみなさん感激していました。

20140729_03.jpg

製茶作業をしている間に、村松茶師、ファクトリーの会長さんからレクチャーをしていただきました。
丸子紅茶の製茶工場のすぐそばには、日本にアッサム種の苗木とインドでの紅茶の製法を持ち帰った多田元吉さんの記念碑とお墓があります。

レクチャーを聞いて、製茶工程を見ては写真撮影をしたり、元吉さんのところへお墓参りに行ったりと、暑さにもめげずみなさんよく動いていました。

20140729_01.jpg

みなさん水分補給にと用意して下さったのは、「ただにしきの水出し紅茶」。前日に作って用意してくださり、これがとてもおいしくて!感激でした。

20140729_04.jpg

今回の製茶研修で、皆さんが実体験で紅茶の香りの変化を感じたことで、今までの知識がより深まったことだと思います。生徒様と一緒に体感できたことが、私もとてもうれしく思います。

初対面の私たち32名を快く受け入れて下さった丸子ティーファクトリーの皆様、そしてプロデュースして下さった奥田実紀さん、大変お世話になりました。ありがとうございました。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

心づくしのランチに感激 丸子紅茶研修

2014'07.28 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

週末のイベント「丸子紅茶製茶研修」では、東京駅で集合し静岡までバスで移動でした。まるで学生の頃の見学旅行のような気分です。旅のおともにしおりも持って、いざ出発です♪

20140728_04.jpg

まず最初に向かった先は、静岡にある「P'sレストラン」

こちらのレストランは、丸子紅茶の村松ニ六さんにご紹介いただきました。今回のメニューはシェフが特別に、ニ六さんの紅茶を使ったお料理をご用意してくれました!

4種類の前菜に、すべて紅茶が使われていました。サーモンとお野菜に紅茶のジュレ。イチジクと生ハムのサラダには紅茶のドレッシング。イベリコ豚のセクレタとペコロスの紅茶風味のカチャトーラローマ風、ヴィシソワーズ紅茶リキュール。

自家製パンのクロワッサンにも紅茶が使われていました。メインの太刀魚にももちろん茶葉が入っていましたよ。どれもおいしくて幸せです。

20140728_01.jpg

デザートには、丸子紅茶のロイヤルミルクティーと丸子紅茶のシフォンケーキと丸子紅茶のパンナコッタ。
最後まで紅茶づくしで、とても贅沢なランチでした♪

20140728_02.jpg

デザートプレートには、一枚一枚ディズニーのキャラクターがティータイムを楽しんでいる絵が!

丁寧にチョコレートで描かれたキャラクターがみんな違い、生徒様も大感激!アナと雪の女王に出てくるキャラクターのオラフはお茶摘みをしているんですよ。33名分のプレートを徹夜でシェフが丁寧に描いてくださり、おもてなしの気持ちをひしひしと感じました。

20140728_03.jpg

また、メニューには

「Cha Tea の皆様、静岡まで、ようこそ。太陽と海や山に恵まれた静岡の地。今日も、きっと新しい発見があると思います。時間のゆるす限り、ゆっくりしていって下さい。くれぐれも熱中症に、ご注意を。」

とあたたかい言葉が添えられていました。

心温まる素敵なランチでした。つづきはまた次回。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

楽しい研修でした 皆様お疲れ様です

2014'07.27 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

生徒様と一緒にでかけた「丸子紅茶研修」も無事に終了致しました。沖縄や仙台からと遠方にお住いの方、小さなお子様を家族に見て頂いて参加してくださった方と、パワフルな生徒様がいっぱい。

直に紅茶を作っているところを見せていただけるなんてとても貴重です。生徒様の喜んでいる姿を見て、一緒に来ることができてとても嬉しかったです。

20140726_01.jpg

書きたいことは沢山ありますが、もう少しゆっくりと時間をかけて書きたいので、紅茶研修についてはまた後日書きますね。

ご協力下さった丸子紅茶、ピーズレストランの皆様、アテンド役の奥田さん、そして参加者の皆様、本日は大変お世話になりました。ありがとうございました。今日はゆっくりとおやすみください。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

美味しい紅茶の淹れ方の中には「基礎」がたくさん

2014'07.25 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

梅雨が明けて本格的に暑くなり、アイスティーを飲む機会が増えてきました。
ベーシッククラスの「アイスティー」や、アドバンスドクラス「アレンジを楽しむ~アイスティー」のレッスンを復習される生徒様もちらほらと出てきました。

紅茶そのもののフレッシュなおいしさを楽しまれる生徒様が多いため、暑い夏もホットティーを飲み、時々アイスティーを飲み、冬の寒い時になると完全にホットティーになってしまいます。次のシーズンの夏には、すっかりとアイスティーの淹れ方を忘れてしまう・・・というような流れが、生徒様のなかで出来上がっているような感じがします。

20140725_01.jpg

アイスティーを作るうえで、大事なのはまずおいしい紅茶が淹れられること!

何気なく淹れられるようになった紅茶も、基本のゴールデンルールからもう一度みなおしてみると何か気が付くことがあるかもしれません。さらに産地別紅茶、アイスティーのレジメを見直していただくこともおすすめいたします。

せっかく復習するならば、よりしっかりと理解し、いつでもおいしいアイスティーを作って頂けるようになってもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

想像力が膨らむ歴史のレッスン

2014'07.24 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

早稲田オープンカレッジでの3回目の講座と同時に、サロンではベーシッククラス「紅茶の歴史」のレッスンがありました。
紅茶の歴史のレッスンでは、「英国紅茶の歴史」の本の1章と2章の部分の学びになります。

20140723_01.jpg

ちょうどマスタークラス「英国紅茶の歴史~1章&2章」の講座に合わせて、サロンの二階には本に載せている絵画を飾っているので、ベーシックの生徒様にも見て頂きながら当時のお道具などのお話などをしました。

ティータイムも取っ手のないボウルでいただきました。どんな人がどういう風に使っていたのか、想像するのも楽しいものです♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

紅茶の味をとらえる

2014'07.23 (Wed)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

アドバンスドクラスの産地系のレッスンでは、基礎+より知識を深め、それぞれの産地の特徴をテイスティングでしっかりと学んでいきます。

先日のレッスンでは、「スリランカ」「ケニア他」と産地のレッスンが続けてありました。まだ慣れないときは「紅茶の特徴を表現するのが難しい・・・」という生徒様も、レッスンを重ねていくと表現力もつきます。そして自分なりの表現ができるようになると、産地の特徴を覚えやすくなります。

20140126_01.jpg

飲み比べて各産地の紅茶のお味を比較することは楽しいのですが、覚えるために飲むことはなかなか難しい。私自身もプロフェッショナルクラスを受講していたころに苦戦したのが、「テイスティング」でした。毎日紅茶を飲んでいるのだけれど、いざテイスティングのテストを受けると散々な結果!

紅茶の特徴を記憶するためには、確かな知識と、自分なりの表現力、そして実践回数が必要になります。プロフェッショナルクラスを受講される生徒様だけではなく、通常のレッスンを受講されている生徒様のテイスティング力をUPさせていきたいなと思います。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

毎日が駆け足で過ぎ去っているような・・・・

2014'07.22 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

7月に入ってらいつもよりまして、毎日が駆け足で過ぎ去っているような気がします・・・。

今月から始まった早稲田オープンカレッジでの講座も、今週で3回目となります。早稲田での講座に持っていく資料の準備に、通常レッスン、今週末は静岡の丸子紅茶での研修があるので、その準備と今週も気がついたら過ぎ去っていそうで怖いです。

20140722_02.jpg

1日1日しっかりと地に足をつけて、抜かりがないようにしなくては!

9月のレッスンの予定は、24日(木)10時から予約開始になります。9月も楽しい講座がいっぱい。みなさんも一緒に楽しく夏を過ごしましょうね♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

スコットランドの伝統的なお菓子

2014'07.21 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

ミルクティーをがぶがぶと飲みたくなる英国菓子。ティータイムには本当、紅茶が良くすすみます。ゆっくりとお茶の時間は取れないけれど、ほんのちょっぴり一息つくようなティーブレイクの時にぴったりなお菓子が「ショートブレッド」。日本ではウォーカーのものがよくスーパーで見かけますね。

20140722_01.jpg

このショートブレッドは、スコットランドの伝統的なお菓子で12世紀ころから作られています。
フィンガー、ラウンド、ペチコートテイルと様々な形のショートブレッドがありますが、今回はペチコートテイルで作ってみました。ペチコートテイルのお名前は、スカートの一種のペチコートの形に似ているところから由来しています。

バターの風味とほどよい甘さのサクサクした食感のショートブレッド。毎日忙しい日常の中にも、ほんのつかの間のティータイム。先日入ってきたばかりの新茶のアッサムのミルクティーと一緒に、ティータイムを楽しみました♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

レモンパイとニルギリ

2014'07.20 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

暑い夏にさっぱりとした英国のお菓子「レモンメレンゲパイ」は、英国の人にもとっても愛されているポピュラーなお菓子です。レモンにはビタミンCが多く含まれており、コラーゲンの生成にはビタミンCは不可欠で、肌のハリを保つのにとても有効なんですよ。

またレモンに含まれているクエン酸は、疲労回復に効果的で肩こりや筋肉痛も予防すると言われています。

20140719_01.jpg

キュッとくるレモンの酸味とメレンゲの甘さのバランスがなんとも言えず、やみつきになるお菓子です。インドのニルギリの紅茶をあわせていただくのが、私のお気に入り♪

クセがなく渋みもライトなニルギリの紅茶は、酸味のあるレモンメレンゲパイと一緒に頂くと、まるでレモンティーを頂いていているようです。

個性がないと言われるニルギリの紅茶ですが、そのまま飲んでも美味しいですしアイスティーやアレンジティーにもぴったり。色々な楽しみ方がありますので、さっぱりとした味のニルギリを楽しんでみて下さいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

講談社火の鳥伝記文庫は楽しい!

2014'07.19 (Sat)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

先日ふらっとでかけたときに目に飛び込んできた「星の王子さま」の本。みなさんは「星の王子さま」を読んだことがありますか?1943年にアメリカで出版されてから世界で8000万部売られているそうです。

実は私、いまだに読んだことがありません。
まずは星の王子さまを読む前に、作者であるサン・テグジュペリについて知ってから読むと面白いと思うよ、との碧先生からのアドバイスのもの、手に取ったのは児童書のサン・テグジュペリ。


サン=テグジュペリ―「星の王子さま」の作者 (講談社 火の鳥伝記文庫)サン=テグジュペリ―「星の王子さま」の作者 (講談社 火の鳥伝記文庫)
(1998/09/15)
横山 三四郎

商品詳細を見る

講談社から出ているこの児童書のシリーズは、とても読みやすいのでいつも入門編の時にはここからはじめています。

当時はまだめずらしい飛行機で空を飛ぶことへの憧れを強く抱いていた作者は、後に操縦士になります。時代的に1900年代前半のお話で、先日マスタークラス「ベッドフォード公爵家」のレッスンを思い出しながら読んでいました。

第9代ベッドフォード公爵夫人は、「空飛ぶ公爵夫人」とも呼ばれており、まだ女性が社会進出にはほど遠い20世紀の初頭に、女性パイロットとして飛び立ったのです。

時代背景をつかみ想像しながら読むと、本がさらに面白くなりますね。

こちらのシリーズ本は、気軽に読めて、かつとても勉強になるので、レッスンの復習にもぜひ活用して欲しいなと思います。「紅茶の歴史」のレッスンを学んだあとは、「マルコポーロ」もお勧めですよ。ぜひ手に取ってみて下さい。


マルコ=ポーロ (講談社火の鳥伝記文庫 (39))マルコ=ポーロ (講談社火の鳥伝記文庫 (39))
(1982/10/30)
保永 貞夫

商品詳細を見る

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

マイセン窯の白磁

2014'07.18 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

マイセンのカップは白磁の美しさと、花の形のようなシェイプがとても美しく、見ているだけでも存在感のあるカップです。今日のカップはブルー&ホワイトの「オルテンシア」の器、今の季節にピッタリの涼しげな器です。

私にとって高嶺の花のマイセンのカップですが、サロンで使ってみるとさらにその良さを毎回実感します。

20140718_01.jpg

私のお気に入りは、マイセンの中でもヴェレンシュピールと呼ばれているシェイプの丸い取っ手の部分と、青みががった白磁の色。マイセンの白磁は、夏にぴったりです。

白磁1つでもそれぞれの窯によって、美しさが違いますので、どれかひとつに選ぶのはなかなか難しい。皆さんはマイセンの白磁はお好きですか?マスタークラス「白磁を極める」のレッスンでお聞かせくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

200年以上も前のティーボウル

2014'07.17 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

今週から始まったマスタークラス「英国紅茶の歴史1&2章」久しぶりにサロンにあるティーボウルたちが勢ぞろいしました。数えてみたらなんと30客以上もあって、私たちスタッフもびっくりです!!!

20140717_04.jpg

ティーボウルの柄もバラエティー豊かで、見ているだけでも幸せですが、レッスンでは生徒様に好みのティーボウル選んでいただき、ティータイムを楽しんでいただいてます。

200年以上も前のティーボウルが、綺麗な形を残してこうして現代に使うことができるなんて、素敵ですね。そして皆様の笑顔も♪

レッスンでは、「英国紅茶の歴史」の本を忘れずにお持ちくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

アッサムセカンドフラッシュSTGFOP1 SPL

2014'07.15 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

Cha Tea紅茶教室の紅茶の産地のレッスンでは、シングルエステイト(ブレンドされていない単一の茶園)の紅茶をお出ししています。紅茶の製造方法では、どの産地もCTC製法で作られることが多く、リーフティーに製茶されているだけでも貴重です。

紅茶の生産量の多いインドのアッサムでは、毎年この時期に限られた茶園のみが僅かに作るプレミアムなアッサムのリーフティーがあります。

20140715_01.jpg

2014年にご紹介するモカルバリ茶園は、1876年に創業した100年以上続く歴史ある茶園です。アッサムの中でも最高品質の茶葉を生み出す銘茶園としても知られています。

グレードのところに記載されているアルファベット「STGFOP1 SPL」、これは Special Fine Golden Flowery Orange Pekoeの略で、ゴールデンティップスの質、量ともに最上級であることを示しています。

STGFOP1の中でも SPL が付いている茶葉は最高のアッサム紅茶であることを示しています。

チップが沢山含まれた黄金色に輝く茶葉は、飲む前から期待感が高まります。香りも良くストレー トでも充分美味しく飲める上品なアッサムですが、ミルクティーにするならば長めに蒸らすか、贅沢に茶葉をすくって淹れるのがお勧めです。

お買い物はこちらのページから♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

秋からのプロフェッショナルクラス

2014'07.14 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

ここ数年、年1回のペースでの開催だったプロフェッショナルクラスですが、今年は秋も開催することになりました!

土日の休日のクラスは数年ぶりということもあり、募集開始してから数分で満席になったとのこと・・・とてもありがたい限りです。

20140711_02.jpg

よりよい学びになるよう、微力ではありますが私も応援致します。

ベーシッククラスとアドバンスドクラスを多く受け持たせて頂いている分、生徒様のテスト結果もある意味私の教え方の通信簿のようなもの。私自身も日頃のレッスン内容を、よりわかりやすく生徒様に伝えるためにも、自分自身の知識度を増やしていかなくては・・・と感じています。

生徒様が胸を張ってCha Teaで学んだと言えるよう、私もがんばります!

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

アイスロイヤルミルクティー

2014'07.13 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

週末は台風の接近にびくびくしていましたが、台風が過ぎてこれから本格的に暑くなりそうな感じですね。

そしてこう暑くなると自宅でもお教室内でもアイスティーの出番も多くなってきます

20140713_01.jpg

ベーシックラスでご紹介しているセパレートティーのレッスンの応用で、アイスロイヤルミルクティーを作ってみました♪アッサムの甘い香りと濃厚なお味は、アイスティーにしてもおいしいです!砂糖とミルクもたっぷり加えた贅沢ミルクティー。

ちょうどお腹も空いていたので、空腹のティータイムにはぴったりの甘さでした。

アイスロイヤルミルクティーを作るときには、使う茶葉もぜひミルクティー向きのものをチョイスしてくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

焼きたてのスコーンでティータイム

2014'07.12 (Sat)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

出来立てスコーンでティータイム♪ 家庭にある簡単な材料で作ることができるスコーン。あとはお気に入りのレシピさえ見つかれば、いつでもおいしい出来立てスコーンが楽しめます。

20140708_01.jpg

私のお気に入りのレシピは、「英国アフタヌーンティー&お菓子」のもの。

レシピは私が英国菓子の教室でお世話になっていた祐子先生が、エッセイはCha Teaのイベントでもレッスンをして頂いた小関先生が担当されているとても素敵な本なのですよ。

スコーンの他のレシピもとてもおいしいので、英国菓子を作ってみたい!という方にはおすすめですよ。サロンにも置いていますので、お気軽に手に取ってみて下さいね。


英国アフタヌーンティー&お菓子 (講談社のお料理BOOK)英国アフタヌーンティー&お菓子 (講談社のお料理BOOK)
(2013/11/29)
小関由美

商品詳細を見る


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

早稲田大学のオープンカレッジで「紅茶でよみとく英国文化史」の講座がはじまりました

2014'07.11 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

水曜日から早稲田大学のオープンカレッジで「紅茶でよみとく英国文化史」の講座がはじまりました。34名でこれから9月までの全8回の講座から英国文化を学んでいきます。

20140710_01.jpg

第1回目は「英国の喫茶始め コーヒーハウス」の講座でした。少人数でのサロンのレッスンとは違い新鮮でした。

レッスンの進行も大きなスクリーンを使って、見せながら説明をしていきますので後ろの席でもよく見えるようになっています。

20140710_04.jpg

碧先生が担当する外部での大きなセミナーは、レッスン内容だけではなく講座の進行や説明の仕方、時間配分、見せ方、様々な視点から学ぶことができるので、とても勉強になります。

私も勉強頑張ります!!!

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

紅茶の歴史に関連するグッズ

2014'07.10 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

サロンにある紅茶に関連するコレクションは、いつも何気ないところに置いてあります。
レッスンの時に講義だけではなく、紅茶の歴史に関連するグッズなどを生徒様にお見せしながらお話をしています。

20140710_03.jpg

上の写真は「ボストンティーパーティー事件」のグッズです。

学生の時、ボストンティーパーティー事件について、歴史の授業でお勉強したのをどれくらいの人が覚えているのかしら?
ちなみに私は、ほとんど記憶から消えていました・・・。

興味がないと目に入っていても、あまり関心がなく気が付かないでスルーしてしまうことも多いですが、紅茶の歴史を通じて楽しい発見がひとつでも増えていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

幸せのお裾分けドラジェ

2014'07.08 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

先日、南仏にお菓子旅行へ行かれた生徒様からお土産に「ドラジェ」を頂きました。
5色のパステルカラーがかわいらしい♪

ドラジェは紀元前177年に、古代ローマの貴族ファビウス家の菓子職人ジュリアス・ドラジェがアーモンドをはちみつの壺に落としたことにより思いついたと言われています。ファビウス家では、一族の結婚や出産のときに市民にこのお菓子を配ったそうですよ。

20140708_02.jpg

アーモンドは、実をたくさんつけるということから多産や繁栄を意味し、幸福の象徴とされてきました。そこからドラジェは、出産、洗礼、結婚など祝い事にはかかせないものとなりました。

近年では日本でも結婚式の時に配られることがありますが、フランスでは女の子が生まれるとピンクのドラジェ、男の子が生まれるとブルーのドラジェを贈ると言われています。

イタリアでは「幸福」「健康」「富」「子孫繁栄」「長寿」の5つの願いを込めて、ドラジェを5粒にまとめて配る習慣があるそうです。

幸せのおすそ分け、ありがとうございます♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室


久しぶりの生徒様との再会

2014'07.07 (Mon)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

Cha Tea紅茶教室で講師を務めるようになり、多くの生徒様との出会いがありました。私が生徒だった頃から、今もまだ継続して学習して下さっている方、一通りの学びを終えて卒業される方、そして転勤、出産、家族の体調の変化など生活環境の変化によって休会される方もおります。

お休みをしている間にもBlogを通じてお教室のことを気にかけてくれたり、本を読んで紅茶の学びを続けてくれていたり、ネットから紅茶の注文をしてくれたり。お教室を離れていても、何かしら繋がりがあるととてもありがたく、嬉しい気持ちになります。

20140707_01.jpg

先日はお休みしていた生徒様が、嬉しいことにまた復会されてサロンにレッスンに来てくれることになりました。出産後、ご本人が思っていたよりも復会に時間がかかってしまったとのことでしたが、その間も紅茶の愛を育んでくださっていて嬉しい再会になりました。

生徒様の中には、ご家族などの協力を得てレッスンにいらしている方もいらっしゃいます。快くレッスンに送り出してくれるご家族にも、ぜひおいしい紅茶でありがとうの気持ちを伝えて下さい。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

英国の喫茶始め コーヒーハウス

2014'07.06 (Sun)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

今月からいよいよ早稲田大学のオープンカレッジでの講座がスタートします。
第一回は「英国の喫茶始め コーヒーハウス 」です。

20140704_02.jpg

紅茶の国「英国」の地位をどのように築き上げたのか?英国でどのようにして茶が紹介されたのか?

その歴史は17世紀までさかのぼります。「英国紅茶の歴史」の本の図説にも使った資料を見て頂きながら、よりわかりやすく解説していくので、紅茶だけでなく、英国がお好きな方にもきっと楽しんでいただける内容だと思います。

ひとりでも多くの方に、英国文化史を楽しんで頂けたら嬉しいです。

chatea_jacket_02.jpg


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

私と赤毛のアン

2014'07.05 (Sat)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

マスタークラス「ハイティー」のレッスンも、本日で最後になりました。レッスンでもご紹介している「赤毛のアン」は、個人的に大好きな本です。

子供の頃はあまり本を読むことがなかったので、赤毛のアンを知ったのはアニメからでした。そして本を読んだのは、紅茶教室に通うようになってから。

何気ない会話のなかで「夏に実家に帰ると、赤毛のアンのシリーズを全部読むのが楽しみで♪」なんてお話しされている方がいて、「赤毛のアンってそんなにシリーズで出ているの!?」と興味を持ち、調べてみたら、8冊も出ていてびっくり!

20140704_05.jpg

タイミング良く紅茶教室で赤毛のアンをテーマにした講座に参加したことをきっかけに読み始め、子供の頃にはわからなかった赤毛のアンの世界に、大人になってすっかり魅了されていきました。

実は学生の頃、北海道にある赤毛のアンの物語の舞台になっているプリンスエドワード島を再現した「カナディアンワールド」でバイトをしていたのですが、その時はあまり興味がなくて・・・今思えば、なんてもったいないのでしょう。

カナディアンワールドは今現在は巨額の負債を抱え閉鎖後、無料の市民公園として解放されているようです。園内には赤毛のアンの「グリーンゲイブルズ」もあり、アンのお部屋も再現されています。お料理などを作っていた薪ストーブがあったりと、今見ればかなりツボにはまる場所なのです。

24年前の姿とは、だいぶ変わっているのでしょうが、北海道に帰るときにはぜひまた行ってみようと思います。


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

アザミとスコットランドとハイティー

2014'07.04 (Fri)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

現在サロンに活けられているアザミのお花は、たまえ先生の自宅のお庭に咲いていたものです。

アザミというと、赤や紫の色をイメージしますが、他にも、青、白、黄など様々な色があり、日本にあるものだけで100種類以上のアザミがあるそうです。

白いアザミや黄色いアザミ、見たことがない気がしますが、もしかしたら知らない間に見ているのかしら?

20140704_01.jpg

アザミはスコットランドの国花です。

昔夜の闇にまぎれてスコットランドを攻撃しようと城に近づいたバイキングたちは、城の周りを包囲していたアザミのとげを踏み、その痛さに思わず声をあげてしまいます。スコットランドの兵士はそのことにより、敵の来襲に気付き、バイキングを撃退することができました。

アザミはスコットランドを救った花・・・以来国花として大切にされています。

テーブルの上のアザミ、もちろんマスタークラス「ハイティー」の講座に結びついているのですよ♪スコットランドとの結びつきも一緒に学んでいきましょう!

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

星がキラキラ 紅茶ゼリー

2014'07.03 (Thu)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

アイスティーが上手に作れるようになったら、紅茶ゼリー作りもお勧めです♪
紅茶の水色の違う2種類の茶葉でゼリーを作って、混ぜ合わせると色合いがとても綺麗なんですよ。

水色が濃いめのスリランカのキャンディと、明るいオレンジ色のインドのニルギリの茶葉を使って、ゼリーを作ってみました。星型にくり抜いた紅茶ゼリーをグラスに入れ、そこへキャンブリックティーを注いでアレンジティーの完成♪

20140701_01.jpg

ちょっと甘めのキャンブリックティーと、ゼリーとのバランスが絶妙にいいかんじ。夜にちょっと甘いものを欲したときに、ケーキを食べるのは罪悪感がありますが、ゼリーなら大丈夫?甘さも控えめなのでいいかな。

こちらのゼリーは、「紅茶のすべてがわかる事典」のレシピで作りましたよ♪作ってみたい方は参考にしてみて下さいね。


紅茶のすべてがわかる事典紅茶のすべてがわかる事典
(2008/12/02)
不明

商品詳細を見る


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

マスタークラス「ハイティー」

2014'07.02 (Wed)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

今日からマスタークラス「ハイティー」の講座がはじまりました。

前日、たまえ先生と碧先生がサロンの模様替えをしている間、私はキッチンでヨークシャープディング作りを。ヨークシャープディングは、ふわふわもちもちとしたシュークリームの皮のようなもの。

英国では、ローストビーフやソーセージなどのお肉料理のつけあわせとして一緒に添えられ、グレービーをかけて食べます。

20140701_02.jpg

とてもボリュームのある食事になっていますので、ご予約されている方は、ぜひお腹を空かせて来てくださいね♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

6月25日生まれが大集合

2014'07.01 (Tue)

Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。

週末のレッスンが終わった後、サロンでは碧先生と同じお誕生日の6月25日生まれが大集合
小関由美先生にうんたろう、そしてコッツワールドーの小尾社長の息子も6月25日生まれということで、小尾社長も一緒にお誕生会。同じお誕生日の人がこんなに集まるなんて、すごいです!

20140630_02.jpg

まずは小関先生が差し入れしてくれたシャンパンで、乾杯!

この日のお料理は、ケータリング♪見た目も綺麗で、お味も美味しくて、これが自宅まで届けてくれるなんて素晴らしいですね。今は便利な時代ですね。

20140630_03.jpg

お誕生日の時には、毎回なのですが、絵を書くのが大好きなえりちゃんが、それぞれにメッセージカードを書いてくれます。今年は、小関先生とうんたろうと小尾ちゃんのお子さんと碧先生と4人分のカードを書いてくれました。

Cha Teaのスタッフと家族も含めて13名でのにぎやかなお誕生会。飲むわ飲むわでワインが8本も空いていました。飲んで食べて、最後はやっぱりスイーツと紅茶で〆。元気をたくさんもらった濃厚なお誕生会でした。みんな喜んでくれました。

20140630_04.jpg

小関先生、うんたろう、晃太郎くん、碧さん、お誕生日おめでとうございます。素敵な1年をお過ごしください。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←最後まで読んで下さった方は!ポチッとお願いします!
By 有田りつえ @ Cha Tea 紅茶教室

 | HOME | 

プロフィール

*Ritsue*

Author:*Ritsue*
Cha Tea 紅茶教室の講師有田りつえです。教室では「りっつん」の愛称で呼ばれています。
紅茶・洋食器・英国菓子など、お茶周りに関するものが大好きです♪紅茶教室の講師の日常を綴ります

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。